ニュース・お知らせ 2017年8月の記事一覧
【9/22】街なかで多彩な体験を、はこだてカルチャーナイト
函館市内の博物館や資料館、観光施設、消防・裁判所・放送局などを夜間開放するカルチャーイベントが、2017年も行われます。

注目は、毎年大好評のキャラメル・チョコレート工場の見学(道南食品。要予約)や、旧函館区公会堂などの夜間無料開放。ふだん見ることのない施設の裏側見学、体験することのないプログラムなどもいろいろあります。

日時 2017年9月22日(金)17:30~21:00(施設によって異なる)
参加施設 
【西部エリア】函館市文学館、北方民族資料館、旧函館区公会堂、旧イギリス領事館、地域交流まちづくりセンター、北海道坂本竜馬記念館、FMいるか、函館山ロープウェイ、函館市国際水産・海洋総合研究センター、ロシア極東連邦総合大学函館校、函館大学ベイエリア・サテライト、函館博物館郷土資料館、西埠頭、エスイーシー、本願寺函館別院
【湯の川エリア】函館競輪場、土方・啄木浪漫館、函館市熱帯植物園、市電駒場車庫、函館視力障害センター
【函館駅周辺エリア】函館市役所、日本銀行函館支店、JR函館駅、函館地方裁判所、NHK函館放送局、函館市消防本部、青函連絡船記念館摩周丸
【五稜郭エリア】五稜郭タワー、道南食品、青年センター
【美原エリア】渡島合同庁舎、函館地方気象台
※事前予約が必要な施設もあります(9月12日から受付)
リーフレット表(マップ、無料シャトルバス案内)
リーフレット裏(参加施設・企画一覧)
問い合わせ 函館商工会議所 地域振興課0138-23-1181

続きを見る
【9/16・17】全国レクリエーション大会でウォークラリー
2017年9月15日~17日、第71回全国レクリエーション大会in北海道が、函館市内を中心に開かれます。

これは、生涯スポーツ・生涯学習の振興と、レクリエーション運動の活性化を目的としたもの。大会期間中、函館山のふもとの観光地をチームでめぐる「函館ウォークラリー大会」(要申込。参加費100円)、函館の隣町・七飯町の果樹園が並ぶ、通称フルーツロードを歩く「七飯フルーツウォーキング(要申込。無料)」など、どなたでも参加することができるイベントも行われます。

また、函館アリーナでは、忍者の動きを体験できる「忍者ランド」など、子供向け体験広場もあります(申込不要。無料)。

日程 2017年9月16日(土)・17日(日)
内容 16日(土)函館ウォークラリー大会、七飯フルーツウォーキング(詳細はチラシ参照。申込受付中)/17日(日)子ども向けの体験広場(詳細はチラシ参照)
申し込み・問い合わせ 函館レクリエーション協会事務局090-9756-9606

続きを見る
函館発着、グルメ満喫観光列車「ながまれ海峡号」ツアー
函館と木古内を結ぶ道南いさりび鉄道の人気観光列車「ながまれ海峡号」ツアーが、この秋も企画されています。

このツアーは、「鉄旅オブザイヤー2016」旅行会社部門グランプリを受賞したもの。函館発着で、1人から参加することができます。列車から眺める風景はもちろん、沿線のグルメも登場。ローカル線にのんびりと乗って、鉄道旅を楽しみませんか。

●ランチコース
料金 9800~11800円(おとな・こども同額)
運行日 2017年9月10日、10月15日・29日(すべて日曜日)
内容 イタリアンテイストランチボックス、ウェルカムドリンク
●ディナーコース
料金 12800~14800円(おとな・こども同額)
運行日 2017年9月9日・23日、10月14日・28日(すべて土曜日)
内容 どうなんde's Ocuda Spiritsおまかせパスタセット、海鮮バーベキューいさりび焼、プティ・メルヴィーユ特製函館海鮮スイーツ丼
問い合わせ 日本旅行函館支店0138-62-3770 または各地の予約センター

なお、この「ながまれ海峡号」用の可愛らしい車両は、ツアー以外にも一般列車として運用され、通常料金で乗車できるほか、JR函館駅や沿線で眺めることもできます。運行予定はこちらで発表。
問い合わせ 道南いさりび鉄道0138-83-1977

関連記事

函館&青森満喫観光プログラム、マグ女のセイカン♡博覧会
津軽海峡をはさんでつながりが深い函館と青森。その風土・文化にふれる、地元密着の体験観光プログラムが、2017年10月から開催されます。

企画したのは、この地域の観光や町おこしなどに関わる女性グループ「津軽海峡マグロ女子会(マグ女)」。函館だいもん路地裏探偵団、マグ女と野獣がおくる「みそぎの町」木古内町、マグ女と歩く夕暮れどきの青森駅前「ほろ酔い散歩」など、ユニークな34のプログラムがそろっています。

家族や仲間での旅のグループアクティビティにもぴったり。もちろん、一人旅にもおすすめ。もてなし上手な「マグ女」がプロデュースする、ひと味違う体験はいかがですか。

期間 2017年10月1日(日)~11月17日(金)
内容 34プログラム パンフレットPDF Facebookページ
函館関連のおもなプログラム
・函館だいもん路地裏探偵団(10/27・28、11/10・11)
・路地裏探偵と巡る西部地区探訪(10/21・22)
・「花しるべな会」藤島さんと歩く函館山さんぽ(10/6・15、11/4)
・マグ女と野獣がおくる「みそぎの町」木古内町(期間中応相談)
・いさりび鉄道沿線で道南イタリアンを堪能しよう(10/1~11/17)
・松前藩主料理と城下町寺町散策(10/1・7・8・9) ほか
問い合わせ 事務局017-752-6705(また旅くらぶ) 受付時間10:00~16:00

続きを見る
【8/26~9/24】国宝土偶5体と親しむ、縄文土偶サミット
縄文文化を今に伝える博物館「函館市縄文文化交流センター」で、縄文時代の国宝土偶やみなみ北海道の土偶に親しむ企画展が開かれます。

北海道で唯一の国宝に指定されている「中空土偶」の常設展示のほか、縄文のビーナス(長野県)、合掌土偶(青森県)、縄文の女神(山形県)、仮面の女神(長野県)と愛称のついた土偶を合わせた国宝土偶5体(複製)が並べて展示されたり、みなみ北海道で出土した土偶約50体がそろいます。

期間 2017年8月26日(土)~9月24日(日) ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所 函館市縄文文化交流センター
入場料 一般300円、学生・生徒・児童150円(団体割引あり)
問い合わせ 函館市縄文文化交流センター0138-25-2030

関連記事

自転車レースに伴う函館山登山道の交通規制(9/10)
9月10日(日)、ツール・ド・北海道2017、および、第2回秋の函館山サイクルライド開催に伴って、一部時間に函館山登山道の交通規制が行われます。

マイカー、レンタカー、バス、タクシーをご利用予定のかたにはご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご承知おきください。

なお、函館山ロープウェイは平常運転の予定です。

函館山登山道 車両交通規制
日時 2017年9月10日(日)午前1時~午後1時半ごろ
内容 函館山登山道の車両通行止め(バス・タクシー含む)
問い合わせ ツール・ド・北海道協会011-222-5922/函館サイクリング協会haca.info@gmail.com

(画像提供/函館サイクリング協会)

はこだてグルメサーカス連動、まちなかグルメMAP
函館の食の一大イベント、はこだてグルメサーカス。2017年は9月2日(土)、3日(日)の開催ですが、それに連動して、お得に食べ歩きできる「まちなかグルメMAP」が配布されます。

特別価格で1つのメニューを提供する、函館駅前周辺の参加店34軒を掲載。開催期間は、グルメサーカス開催の前日9月1日(金)から

まちなかグルメMAP
開催期間 2017年9月1日(金)~10日(日)
配布場所 (8月26日頃から)函館駅観光案内所、函館朝市、キラリス函館、中合棒二森屋アネックス、はこだて自由市場、参加店など。(グルメサーカス当日)インフォメーション
問い合わせ 実行委員会事務局0138-21-3499

みなみ北海道でのレンタカー利用に、レシートラリー
北海道新幹線の木古内駅を中心に、歴史の町・江差や桜の里・松前など、みなみ北海道西部9町をレンタカーで巡るかた向けに、レシートラリーを実施中。

木古内駅近くのレンタカー営業所で車をレンタル、または返却したかたが対象です。レンタカーのレシートと、エリア内の対象施設2カ所の利用レシートを一口として応募。抽選で20名に地域の特産品が当たります。

函館から足をのばして、みなみ北海道のワイドな旅を楽しみませんか。

実施期間 2017年7月1日(土)~10月31日(火)
応募締切 2017年11月30日(木)当日消印有効
対象者、対象施設、応募方法など詳細はこちら
問い合わせ 新幹線木古内駅活用推進協議会(木古内町役場内)01392-2-3131

【9/17・18】五稜郭の新名所で函館ゆかりの芸人ライブ
五稜郭に2017年4月にオープンしたシエスタハコダテの4階、函館コミュニティプラザGスクエア。市民が自由に利用できる公共スペースですが、函館出身・函館在住で、全国各地で活動している芸人の皆さんによるお笑いライブが開催されます。

これは、昨年、函館山山頂展望台のホールを満員にした企画の第2弾。函館の「笑いのツボ」を体験してみませんか。前売り券は、市内松柏堂プレイガイド、海老事務所(函館市末広町5-14アクロス十字街)ほか。あきがあれば、当日も同料金で入場可能です。

なお、GスクエアにはGLAYの等身大レリーフとからくり時計のコーナーがあり、シエスタハコダテの地下1階~地上3階は商業スペースになっています。五稜郭観光の折に、立ち寄ってみてはいかがでしょう。

日程 2017年9月17日(日)、18日(月・祝)
時間 昼の部、開場14:00、開演14:30/夜の部、開場18:30、開演19:00
場所 函館コミュニティプラザGスクエア(シエスタハコダテ4階)
料金 大人2000円、学生(中学生以上)1500円、子供(小学生以上)1000円、未就学児無料
問い合わせ 函館お笑いライブ0138-84-8320(海老事務所)

関連記事

トラピスト修道院周辺を巡る北斗市のレンタサイクル
函館の隣町・北斗市の人気観光スポット、トラピスト修道院周辺で利用できるレンタサイクルサービスをご案内します。

道南いさりび鉄道の渡島当別駅からトラピスト修道院までは、徒歩20分ほど。レンタサイクルを利用すれば、周辺の景勝地まで含めて快適に周遊可能です。函館湾をはさんで見える函館山の姿は、一見の価値があります。

人気は、電動アシストつき自転車。立ちこぎしても上れないような坂でも、スイスイ乗れます。


石別ウキウキ♡ルンルン​​♪自転車
貸出場所
 中田商店(北斗市当別4-1-18) 道南いさりび鉄道「渡島当別」駅向かい
貸出期間 2017年11月26日(日)までの土日祝(8月31日までは毎日貸出)
営業時間 9~18時
利用料金 500円(4時間まで)、1000円(4時間以上)
貸出台数 電動アシストつき自転車7台(チャイルドシートつき3台)、マウンテンバイク4台(子供用1台)
※中学生以下の利用は、保護者同伴の場合に限定
問い合わせ 北斗市役所総務部企画課0138-73-3111

続きを見る