ニュース・お知らせ 2017年9月の記事一覧
函館山登山道、2017年度冬期通行止め(11月13日11時~)
函館山展望台への車両用登山道は、冬期間、危険防止のために閉鎖されます。2017年度の閉鎖期間は、2017年11月13日(月)11時から2018年4月16日(月)11時(予定)。路面等の状況によって変更になる可能性があります。

この期間はマイカーをはじめ、バス、タクシーなどの車両は全面通行止め。山頂へはロープウェイでどうぞ。なお、歩行者用の登山道は冬期間も通行OKです。

問い合わせ
渡島総合振興局函館建設管理部
事業課 0138-45-6500

関連記事 

【10/11~16】五稜郭の百貨店で、クラフト&アート in 函館
函館エリアでものづくり活動をするクラフト作家が集まり、ハンドメイド作品を展示・販売するイベントが開催されます。

これは、函館市民御用達の百貨店「丸井今井函館店」の開業125周年を記念した企画。催事場に約70店が出店します。また、作品づくりが体験できるワークショップも実施(詳細)。

市電の五稜郭公園前電停そばなので、五稜郭観光の足で立ち寄ってみてはいかですか。

日時 2017年10月11日(火)~16日(月)10~19時 ※最終日は16時まで
会場 丸井今井函館店 7階催事場(市電「五稜郭公園前」電停から徒歩1分)
問い合わせ 丸井今井函館店0138-32-1151

はこだてクリスマスファンタジー20周年で、花火も盛大に
函館の冬を彩るイベント、はこだてクリスマスファンタジー。港に浮かぶ巨大ツリーのイルミネーションや、毎日の点灯式で上がる花火が、ロマンチック気分を盛り上げます。2017年の開催は12月1日から25日まで。

今年はスタートして20周年の節目の年! オープニングの12月1日と、クリスマスの23~25日には、特別に一日2回、18時に加えて20時にも花火が打ち上がります。

日程 2017年12月1日(金)~25日(月)
会場 赤レンガ倉庫群前海上
アクセス 市電「十字街」電停下車 徒歩7分
問い合わせ はこだてクリスマスファンタジー実行委員会(函館国際観光コンベンション協会)0138-27-3535

函館と近郊の紅葉情報2017(香雪園、恵山、大沼など)
秋の訪れとともに、街路樹のナナカマドの赤い実が街歩きの目を楽しませてくれています。紅葉の本番は10月中旬ごろから11月上旬まで。2017年の見頃は平年並の予想です。

湯の川地区の香雪園(見晴公園内)では、10/21~11/12にはこだてMOMI-Gフェスタが行われます。
香雪園紅葉情報(日本気象協会)
(写真は過去シーズンの香雪園)

市内の公園でもカエデやサクラの美しい紅葉が見られます。
函館公園紅葉情報(ウェザーニュース)

もう少し足をのばしてダイナミックな自然の中の紅葉を訪ねるなら、市内東部の恵山や、近郊の大沼公園がおすすめです。
恵山紅葉情報(函館市恵山支所)
(2017/10/16更新)

関連記事

【10/21】お化け屋敷も、本格ハロウィンイベント(八雲町)
函館から札幌方面に車で向かって約1時間半、JR特急なら1時間10分ほどの八雲町で、本格派のハロウィンイベントが開催されます。

目玉は特別仕様のハロウィン山車と、新感覚体験型のお化け屋敷。子どもも大人も楽しめそうです。

日時 2017年10月21日(土)13~21時
会場 はぴあ八雲(JR八雲駅から徒歩2分)
内容 詳細はこちら
問い合わせ 八雲ハロウィンプロジェクト実行委員会090-6878-4074 yoshihiroakai10@gmail.com

【9/30・10/1】はこだて和牛堪能、きこない道の駅まつり
北海道新幹線が、北海道で最初に停車する木古内駅。その駅前にある道の駅「みそぎの郷きこない」は、2016年1月のオープン以来、92万人が来館する人気ぶりです。この秋、好評に感謝をこめたイベントが開催されます。

函館からは、はこだてライナー+新幹線なら40分程度、道南いさりび鉄道なら1時間。車でも約1時間の距離。周辺にはいろいろな見どころがあるので、足をのばしてみませんか。

会場 道の駅みそぎの郷きこない特設会場(館内、隣接の東駐車場など)
おもな内容 
●はこだて和牛まつり(肉3点セット+野菜で手ぶらバーベキュー500円。当日券もあり)
●イベントステージ(海産物競り市、かき氷早食い大会など)
●屋台コーナー(木古内グルメ、周辺各町のご当地グルメ)
●お楽しみ抽選会 ほか
問い合わせ 木古内公益振興社01392-2-3161

関連記事

【9/16~18】新函館北斗駅前で、北斗ウエルカムマーケット
北海道新幹線の新函館北斗駅の駅前公園で、地元飲食店や漁業協同組合による秋の味覚が堪能できるイベントが開催されます。

新幹線乗り継ぎの待ち時間や、新幹線見学のあいまに立ち寄ってみてはいかがでしょう。

日時 2017年9月16日(土)~18日(月・祝)10~16時(最終日は15時まで)
会場 新函館北斗駅西側公園
内容 地元飲食店によるウエルカムグルメ市、漁業協同組合による海鮮焼き販売、演奏会、マジックショー、こども縁日など(詳細
問い合わせ 実行委員会0138-73-5903

【12/1~3】函館で映画三昧、函館港イルミナシオン映画祭
数々の映画が生まれた街・函館で、毎年はこだてクリスマスファンタジーと時期を合わせて開催される「映画を創る映画祭」。

話題作や新作、函館ゆかりの作品、映画界の将来を担う学生が手がけた作品など、数多くの映画が上映され、全国各地から映画ファンが訪れます。

シナリオ大賞発表、ゲストトーク、交流パーティーなど、さまざまな企画も用意されています。

期間 2017年12月1日(金)~3日(日)
上映会場 函館山ロープウェイ展望台・クレモナホール、金森赤レンガ倉庫・金森ホール、函館市公民館(青柳町)
上映スケジュール こちら
チケット (ロープウェイ搭乗料金を含む)
・大人前売り 1回券1000円(当日1300円)、ペア券1回券1800円(前売のみ)、1日券2500円(当日3000円)、3日券5000円(前売のみ)
・学生 1日券1000円(前売り・当日とも)
・シニア(60歳以上) 1日券1000円(前売り・当日とも)
チケット取扱所 ローソンチケット(Lコード12562)、函館山ロープウェイ山麓駅、FMいるか、金森赤レンガ倉庫インフォメーション、松柏堂函館市内各プレイガイド、函館市地域交流まちづくりセンター内 Cafe Drip Drop、函館市内各協力店ほか
問い合わせ 函館事務局0138-22-1037、東京事務局03-5367-6073
(2017/10/30更新)

関連記事 

【12/1~2/28】五稜郭を星形にライトアップ、五稜星の夢
星形にめぐらされた堀が特徴的で、歴史の舞台となってきた特別史跡五稜郭跡。その堀を、約2000個のイルミネーションで縁取り、ほのかに浮かび上がらせる企画が「五稜星の夢(ほしのゆめ)」です。

おすすめは、五稜郭タワー展望台からの眺め。眼下に浮かび上がる輝く星の形は見事です。

日程 2017年12月1日(金)~2018年2月28日(水)
開催場所 特別史跡五稜郭跡(五稜郭公園)・五稜郭タワー
アクセス 市電「五稜郭公園前」電停下車 徒歩13分
イルミネーション点灯時間 17~20時(2月10~28日は17時30分から)
※12月2日(土)17時には、花火の打ち上げがあります
問い合わせ 五稜星の夢実行委員会(五稜郭タワー内)0138-51-4785
(2017/11/29更新)

※期間中は五稜郭タワーは19時まで延長営業。17時からは夜間特別料金で展望できます。
大人810円(通常900円)、中高校生610円(通常680円)、小学生410円(通常450円)。

関連記事

【12/1~2/28】街並みが輝く、はこだてイルミネーション
函館の冬の夜を華やかに演出する「はこだてイルミネーション」。「光に包まれた愛の街・函館」をテーマに、八幡坂や二十間坂など元町地区の坂道や通りに、イルミネーションが灯されます。

12月25日までは、ベイエリアで「はこだてクリスマスファンタジー」も開催中。光の回廊となるロマンチックな函館をお楽しみください。

期間 2017年12月1日(金)~2018年2月28日(水)
点灯時間 日没~22:00 日没時刻の目安は12月1日16時8分ごろ、1月1日16時17分ごろ、2月1日16時52分ごろです。
会場 二十間坂、八幡坂、開港通り(ベイエリア周辺)
問い合わせ はこだて冬フェスティバル実行委員会(函館国際観光コンベンション協会)0138-27-3535
(2017/11/15更新)

関連記事