トップに戻る
ニュース・お得な情報 

オール函館ロケ映画「きみの鳥はうたえる」、9月全国公開

オール函館ロケ映画「きみの鳥はうたえる」、9月全国公開
函館出身の小説家、故佐藤泰志の作品の映画化第4弾は「きみの鳥はうたえる」。主演は若手実力者俳優の柄本 佑 × 石橋静河 × 染谷将太で、2017年6月に函館市内各所でロケが行われました。三宅 唱監督によると「函館の美しい夏の光や音が感じられる作品」とのことです。

映画「きみの鳥はうたえる」
全国公開は9月1日(土)から。函館では8月25日(土)から先行上映
©HAKODATE CINEMA IRIS

180612M02.JPG

主演の柄本 佑さん談(2018年6月11日 完成披露試写会・舞台挨拶にて)
「(三宅 唱監督率いる)三宅組でいる幸せ、この3人だからこその幸せな時間が、そのまま映画になった。長く俳優をやってきて、こんな映画はなかった」
「函館は、海があって山があって風が吹いて......自然と近い街だと感じた」
「元々神社巡りが好きで、(クランクイン前の安全祈願で)函館八幡宮に行ったとき、函館山が後ろにどーんとあって、その雰囲気にすっかり引き込まれた。撮休(オフ)は2日間とも、函館山に歩いて登ったり、谷地頭温泉に入ったりしていた。この映画の主人公も、きっとそんなことをやっているヤツじゃないかな。温泉入って、畳でくつろいでビール飲んだり(笑)」

(2018/6/12更新)