トップに戻る
ニュース・お得な情報 

地震の影響と函館観光に関する「よくある質問集」

地震の影響と函館観光に関する「よくある質問集」
2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震に際しては、問い合わせフォームやSNSなどを通じて、たくさんのご心配・質問・応援のメッセージをお寄せいただき、ありがとうございます。

ここでは、皆さまからの「よくある質問(FAQ)」をまとめて、「函館市内の今」をお伝えいたします。ご参考にしていただければ幸いです。

(2018年9月21日時点。随時更新)


【全般の状況について

Q 地震時の函館の状況はどうでしたか
9月6日未明に函館は震度5弱の揺れを観測。直後には停電が発生し、一部の地域では断水もありましたが、道路の陥没や液状化、土砂災害等の大きな被害はありませんでした。

Q 地震後の混乱はおさまりましたか
地震翌日の9月7日(金)には停電状態も解消され、市民生活は平常に戻っています。電力の安定供給に協力するために節電対応はしていますが、観光施設、交通機関等もほぼ通常営業となっています。

Q 今、函館に行くと、かえって迷惑じゃないでしょうか
市民生活も元通りになり、観光を充分にお楽しみいただける状況です。宿泊施設の中にはキャンセルが相次いでいるところもあり、お越しいただけるなら、とてもありがたいことになります。


【地震の影響について】
Q 道路や建物の損傷はないですか
市内では、土砂災害や道路の陥没・液状化、建物の倒壊等の大きな被害はありませんでした。

Q 街なかは歩いて安心でしょうか
道路や建物への地震の影響はなく、信号も問題なく作動しているので、平常通りに街を散策することができます。

Q 観光施設に影響はありませんでしたか
文化施設等で被害の報告があったのは、北海道立函館美術館で展示室の天井の一部はく離があったのと、特別史跡五稜郭跡で石垣の一部が崩落したこと。美術館は、10月4日まで施設改修工事と展示替えのため休館。五稜郭は、通常通り見学できます。

Q 余震はどれくらいありますか
9月6日未明の地震のあと、函館で観測された震度2以上の地震は、9月6日当日に震度3が2回と震度2が4回、9日に震度3が1回、11日に震度2が2回、14日に震度2が1回、17日に震度3が1回。余震の回数は減少しつつありますが、今後も注意は必要になります。


【停電後の影響】

Q エレベーターや空調などは普通に動いていますか
通常どおり作動しています。

Q 水道はちゃんと出てますか
一部断水のあったところもすべて復旧して、通常通り出ています。

Q 街なかの照明はついていますか
停電は完全に解消しています。市内の観光施設で行われていた夜間のライトアップの休止は9月20日で終了し、通常通り点灯しています。

Q 計画停電の予定はありますか
14日に一律2割の節電目標が解除され、計画停電も当面行わないと発表されました。19日には苫東厚真発電所1号機の安定的な運転が確認され、1割減を目指していた節電要請が解除されたことから、今後は「無理のない範囲」での節電を継続していきます。


【夜景・函館山展望台の状況】

Q 夜景は見えていますか
市内の停電は地震翌日に解消して、民家・商業施設・街路灯などの灯りが戻り、函館山展望台からの夜景もご覧いただけます。

Q 夜景の光に節電の影響はありますか
節電対応により照明の部分的消灯が継続されているところはありますが、全体から見ると大きな影響はありません。観光施設のライトアップも再開しています。

Q 展望台には普通に行けますか 
地震による函館山ロープウェイや登山道への影響はなく、ロープウェイや登山バスなどは問題なく運行しています。ロープウェイは、日中の運行を基本20分間隔にする節電対応をしています(通常、平日は15分間隔、土日祝は10分間隔のところ)。
※なお、函館山ロープウェイは法定整備点検のため、10月9日(火)~11月11日(日)に運休します(展望台は通常通り営業)

Q 展望台の混雑具合はどうですか
例年、夜景がクリアに見えることの多い秋は展望台は大変混雑しますが、現在は、比較的ゆったりと夜景が見られます。

0919saka_01.jpg
2018年9月19日18時30分ごろの展望台の様子。


【その他の観光施設の状況】

Q 市内の観光施設は営業していますか
地震直後の停電時には営業していませんでしたが、2日後の9月8日からは、通常営業となっています(一部施設では、節電対応で照明の一部を消灯中)。
※なお、函館市青函連絡船記念館摩周丸は、9月はじめの台風の影響で一時閉館中。旧函館区公会堂は、10月1日から改修工事に入り、長期閉館に入ります

Q みやげ店で、おみやげはいつも通り売っていますか
生産状況や物流事情により、一部品薄状態となっていますが、函館駅や空港、金森赤レンガ倉庫などのみやげ店は、通常営業となっています。

Q 飲食店で食事は普通に食べられますか
材料の供給事情により、一部メニューの変更があるところもありますが、基本的に通常営業となっています。


【交通関連の情報】

Q 市電やバスは動いていますか
いずれも支障なく運行しています。函館市電の節電対応ダイヤは9月19日で終了し、20日からは通常ダイヤで運行しています。

Q 北海道新幹線・飛行機・フェリーは通常通り動いていますか
いずれも通常運行となっています。

Q 道路の交通規制はありますか
函館市内では、地震による交通規制はありません。

Q 函館から北海道の周遊は可能ですか
松前・江差など、みなみ北海道内の周遊は通常通り可能です。函館からJRや車や飛行機で札幌に移動するのにも、支障はありません。その他の地域とのアクセスも、被害が大きかった地域を除いて、地震による混乱は解消しています。


【宿泊施設の状況】

Q ホテルや旅館は普通にやっていますか
各施設、通常営業となっていますが、節電対応などが行われているところがあります。営業状況等については、各施設にお問い合わせください。


【インフラの情報】
Q スーパーやコンビニで商品は売っていますか
弁当やおにぎり、肉・魚・野菜などはほぼ普通に店頭に並び、乳製品などが一部品薄状態の場合はありますが、通常営業となっています。

Q ネットや電話は問題なく通じていますか
通常どおり使用可能です(地震の被害の大きかった地域への通信を除く)。

Q 公衆Wi-Fiは使えますか
観光の中心エリアで使える公衆無線LAN「HAKODATE FREE Wi-Fi」は、通常どおり使用できます。接続手順に従って、手続きを行ってご利用ください。

Q コンビニや銀行のATMは使えますか
コンビニエンスストアや金融機関は通常営業を行っているので、ATMも使用できます。


【観光客のかたへの対応

Q 今の函館の様子は、どこで教えてもらえますか。
函館市観光部観光誘致課にお問い合わせください(TEL 0138-21-3323。平日8:45~17:30対応)。インターネット経由の問い合わせフォームもあります。

Q いざというとき、観光客向けの避難所はありますか。
緊急時には市内各所に避難所が設けられ、市民とともに、観光客のかたも利用できます。開設場所は、随時当サイトなどでお知らせします。

Q もしも被災した場合、観光客が相談できるところはありますか。
函館市観光部観光誘致課にお問い合わせください(TEL 0138-21-3323)。ただし、緊急時の場合、回線および混雑状況によってつながらない場合がありますので、時間をおいておかけ直しください。

Q そのほか、緊急時に役に立つ情報源はありますか
当サイト、ならびにFacebookページTwitterで、随時、状況をお知らせします。また、地元のコミュニティFM局「FMいるか」では、随時地震情報を放送します(80.7MHz)。ラジオのほか、インターネット配信もされているので、旅先で聴くのにも便利です(聴取方法はこちら)。


※まとめ/編集室M 2018/9/12公開、9/21更新 情報は随時更新します。