トップに戻る
ニュース・お得な情報一覧
函館からJR特急で30分、冬のアウトドア遊びの楽園・大沼公園。例年、湖が凍って氷上でのワカサギ釣りが楽しめるのは1月中旬からですが、ひと足先に、遊覧船のりばの桟橋からのワカサギ釣り体験がスタートしています。

料金には、手づくりの竿とえさ代が含まれていますので、手ぶらで行って、手軽に楽しめます。

なお、屋外は冷え込みますので、できるだけ暖かい服装(ダウンコート、手袋、帽子、マフラーなど)と靴(スノーブーツなど)でどうぞ。

期間 2018年11月15日~
営業時間 8時~15時30分
会場 大沼合同遊船ボート乗り場(大沼公園駅から徒歩6分)
料金 大人1600円、中学生以下1300円(用具レンタル、えさ代込み)
問い合わせ 大沼合同遊船0138-67-2229


函館の冬のロングランイベント、はこだてクリスマスファンタジー。ツリーや花火はもちろん、会場のスープバーで待っているあったかいスープも、はずせないお楽しみです。

提供されるスープは全15種類(詳細)。市内の人気飲食店によるボリューム満点のスープは、クリームベース、トマトベース、ブイヨンベース、カレーベース、しょうゆベース、みそベース、塩ベース、デザートスープと、バラエティ豊か。どれにしようか、じっくり検討したいですね。


日時 2018年 12月1日(土)~25日(火)16:30~20:00
会場 メインストリート特設会場
価格 1杯税込600円(チケット制。チケットは会場内で販売)
問い合わせ 実行委員会(函館国際観光コンベンション協会)0138-27-3535
(2018/11/9更新)

続きを見る
函館の近郊にはスキー場があり、市街地にはスケート場もあるので、ウインタースポーツが手軽に楽しめます。2018-19シーズンの営業予定をまとめました。アクセス時間はJR函館駅からの目安です。

函館七飯スノーパーク(車で50分) 12月8日(土)オープン予定
ニヤマ高原スキー場(車で30分。またはJR仁山駅から徒歩3分) オープン日未定
グリーンピア大沼スキー場(車で50分。またはJR大沼公園駅、新函館北斗駅から無料送迎バス。要予約) 12月22日(土)オープン予定
函館市民スケート場(函館バス6、96系統で約10分の競輪場通バス停から徒歩5分) 12月15日(土)~2月17日(日)開設予定

(2018/11/2更新)

大沼国定公園の駒ケ岳と湖を見渡し、彼方に噴火湾を望む絶景のスキー場、函館七飯スノーパーク
(過去シーズンの写真)

古くから名湯として親しまれている函館の湯の川温泉で、冬の旅を満喫できるプランを紹介します。

冬に嬉しいあったかグルメをご用意している宿プランをはじめ、贅沢な時間を楽しめる露天風呂付き客室や貸切風呂のある宿プラン、気兼ねなくゆったりすごせる部屋食や個室食事処のある宿プランと、魅力的な12の宿泊プランが用意されています。

期間 2018年12月1日~2019年2月28日
(一部施設を除く)
プラン例 
・湯の浜ホテル(東海亭展望風呂付客室☆記念日にお祝いプラン)
・竹葉新葉亭(2人で仲良く食べくらべプラン)
・HAKODATE海峡の風(『1日2室限定』最上階のお部屋へご案内!!開放感のある展望風呂付客室~夕食海の幸バイキング~)
問い合わせ 函館湯の川温泉旅館協同組合 0138-57-8988

北海道胆振東部地震で宿泊予約キャンセルなどの影響が出たことへの支援策が「北海道ふっこう割」。函館旅行がお得に実現します。

第1弾の「元気です北海道 クーポンキャンペーン」では、2018年10月~11月に北海道内に宿泊される方を対象に、宿泊金額が最大20000円割引に。各旅行予約サイトで実施中(クーポンがなくなり次第終了)。

第2弾の「北海道ふっこう割」割引対象旅行商品では、飛行機やバスなどの料金と宿泊料金を含む旅行商品が最大35000円割引に。全国の旅行会社より順次発売されます。

◆旅行予約サイトから申し込む

◆「北海道ふっこう割」対象旅行商品の取扱旅行会社で申し込む
・10月1日に発行されたクーポンは配布を終了
・10月5日に配布が始まったクーポンの予約・宿泊対象期間は11月29日まで
・割引対象期間は2019年2月28日まで。今後も、追加クーポンやツアー商品が発表される見込みです。
(2018/11/7更新)

北海道ふっこう割情報

函館市内を走る路面電車を貸し切り、函館スイーツを味わうツアーが実施されます。

市電に乗って街の景色を眺めながら、参加店のオリジナルスイーツ3個とドリンクを楽しみ、さらに焼き菓子が食べ放題と、スイーツ好きにはたまらない内容です。

また、11月23日出発のツアーでは、ハイカラ衣装を着て函館気分を満喫する企画もプラスされます。

運行日 2018年11月11日(日)、23日(金・祝)
※集合時間と場所・行程などはチラシ参照
料金 11月11日出発2000円、23日出発6000円(大人、4歳以上の子供で同額)
募集人員 各25名
問い合わせ JTB北海道事業部函館オフィス0138-56-1711

続きを見る
函館から車で約1時間、噴火湾沿いにある鹿部町の「間歇泉」が、このたび北海道遺産に認定されました。

間歇泉とは、周期的に地面から噴き出す温泉のことで、鹿部町の間歇泉は、1924(大正13)年に温泉を掘っているときに偶然見つかったものです。約10分間隔で、温泉が地下26メートルから地上15メートルほどの高さまで噴き上がり、迫力満点! あまりに勢いがあるため、上部に覆いが設置されています。

間歇泉周辺は「道の駅 しかべ間歇泉公園」として整備されていて、足湯でくつろぎながら間歇泉を間近に眺めることができます。大沼公園から車ですぐなので、観光の行き帰りに立ち寄るのもおすすめです。

問い合わせ

(参考)函館周辺、そのほかの北海道遺産
函館山と砲台跡、函館西部地区の街並み、路面電車、五稜郭と箱館戦争の遺構

函館市内の主な観光施設や博物館の開館時間が、11月1日から冬期時間に変わっています。

2018年度11~3月の開館時間
【9:00~17:00
元町・函館山エリア
函館駅前エリア
五稜郭エリア

【9:00~16:30

【9:00~16:00】

旧函館区公会堂は、2018年10月から改修工事のため休館しています

冬は日が暮れるのが早く、寒さもどんどん厳しくなりますので、充分に暖かい服装で、また足もとに気をつけてお出かけください。
(2018/11/1更新)

続きを見る
函館市内の主要観光名所などをまわる函館バスの観光路線が、2018年11月1日から一部冬期ダイヤに。

夏期ダイヤより運行間隔があく路線もありますので、ご利用の際は事前に運行時刻の確認をおすすめします。

なお、いずれの路線も、函館バス専用1日乗車券「カンパス」、バス・市電共通1日乗車券(2日乗車券)が利用できます。乗車券は、函館市観光案内所(JR函館駅内)、JR函館駅前バス案内所、函館空港、バス車内などで販売されています。


函館駅前4番のりばより、9:00始発。40分間隔で運行。明治館前、金森洋物館・BAYはこだて前、ロープウェイ前などに停車
函館駅前4番のりばより、16:40始発。30~40分間隔で運行。明治館前、十字街などに停車
函館駅前4番のりばより、9:15始発。60分間隔で運行。市民会館・函館アリーナ前、湯川温泉電停前、函館空港などに停車

問い合わせ 函館バス0138-22-8111
(2018/10/29更新)

函館をはじめとする、みなみ北海道の温泉施設や宿泊施設の温泉を、割引料金で利用できるガイドブック「道南近郊 湯巡りパスポート」が発行されます。

函館市内や近郊、また洞爺湖、登別、北湯沢、ニセコ、定山渓などの有名温泉地のうち、約50の施設で、無料や半額などで利用できるサービス特典がついています。

パスポートの期限は最長で2019年8月25日まで。季節を替えて温泉巡りをするのも魅力的です。

発売日 2018年11月10日
定価 税込999円
販売箇所 函館市内の書店・コンビニ、札幌市内の一部書店
函館市内のサービス特典提供施設
湯元啄木亭、望楼NOGUCHI函館、HAKODATE海峡の風、竹葉新葉亭、函館湯の川 湯の浜ホテルKKRはこだて湯の川温泉 ホテルかもめ館、湯の川観光ホテル 祥苑、函館健康センター 湯都里、花園温泉、にしき温泉
そのほかのエリアの施設はこちら
問い合わせ 株式会社マジソン0138-55-5001