トップに戻る
函館山ロープウェイ限定、夜景みやげコレクション
190515KT12.JPG

函館山でまばゆく輝く夜景を見たあとは、記念に何かおみやげを探したくなります。函館は日本有数の観光地なだけに、おみやげの種類もたくさんありますが、函館山山頂展望台内売店で販売している「函館山ロープウェイ限定商品」なら、嬉しさもひとしおです。夜景のみやげ話といっしょに親しい方へ、また、旅の思い出に自分へのおみやげとして、おすすめの商品をご紹介しましょう。
※取扱商品の内容は変更になる場合があります




北うさぎとは、函館の隣町・七飯町在住の成田粋子(すいこ)さんの手によって誕生した、トウモロコシの皮で作った小さなうさぎが始まり。その後、たくさんの北うさぎ雑貨が登場し、全国で人気を集めている函館発の注目キャラクターです。さまざまな雑貨のほか、山頂ショップでは、「函館山限定北うさぎグッズ」を販売しています。

190515KT01_j.jpg
北うさぎ とんがりポーチ
側面が三角形になっていて、三角おむすびを立てた状態で2個入れるのにちょうどいい、持ち手付き「とんがりポーチ(2000円+税)」。上下の仕切りがあって、下に便利なおかず用タッパーが入っています。全8色。

190515KT02_j.jpg
北うさぎ 夜景クリアファイル
函館山からの夜景の写真と、函館山と街の位置関係がよくわかる可愛いイラストが表と裏になっている「夜景クリアファイル(238円+税)」。一般的なA4サイズと、小さめのB5サイズがあり、どちらも価格は同じです。

190515KT03_j.jpg
北うさぎ メタルマグネット
函館にちなんだイラストの「メタルマグネット(各400円+税)。ロープウェイ、函館市の鳥・ヤマガラ、函館山と夜景、牧場の牛の4種類。強力な「ネオジムマグネット」で、冷蔵庫の扉などに書類10枚までらくらく固定できます。



190515KT05_j.jpg

その名も煌めく街というアイテム、「グリッターシティ(1050円+税)」。コースターとして飲み物の入ったグラスを置くと、LEDが点灯して7色のオーロラのように変化し、飲み物を楽しくライトアップします。


◆函館夜景ウォータードーム

190515KT07_j.jpg

直径と高さが8センチほどの「函館夜景ウォータードーム(1,000円+税)」。中には函館山と市街地、ロープウェイのゴンドラをデザイン。持ち上げて振ると細かいキラキラがゆっくりと下りてきて、夜景のきらめきのようです。


◆ご当地ジグソーパズル

190515KT08_j.jpg

函館山から見た夜景を作り上げる「ご当地ジグソーパズル(1852円+税)」。500ピースもので、完成サイズは38×53センチになります。



130710G03.jpg

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に三つ星として掲載された、函館山からの眺望が楽しめる「グッとくる夜景クリアファイル(330円+税)」。紙をはさむと、なんと夜景が昼景に早変わり!


◆ゴンドラチョロQ

190515KT06_j.jpg

ロープウェイのゴンドラをモチーフにした「ゴンドラチョロQ(926円+税)」。いわゆるチョロQのゴンドラ版で、ゴンドラの下に小さなタイヤがついていて、テーブルの上で手前に引いて手を放すと前に進みます。一番の人気みやげだそう。


◆ゴンドラピンバッジ

190515KT04_j.jpg

函館山ロープウェイのゴンドラをモチーフにした、メタル製のご当地「ピンバッジ(550円+税)」。2014年にリニューアルした5代目ゴンドラに合わせて、デザインが一新されました。



190515KT10.jpg

函館山ロープウェイと、元町にある創業明治12(1879)年の老舗レストラン五島軒とのコラボ企画商品「函館ラムカレー(400円+税)」。上質な生ラム肉を使用したまろやかな口当たりのカレーです。ラム肉ならではのコクと辛みを楽しめます。スパイシー&クリーミーなホワイトカレーもあります。



190515KT11s.jpg

函館夜景の中にひっそりと隠れる「ハート」の伝説をご存知ですか。大切な人と一緒に見つけて願いをかけると、幸せになれるとか。そんな「ハート伝説」にちなんで作られた、大人気のオリジナルハッピーグッズがいろいろ。月ごとの誕生石をあしらったハッピーゴンドラつきで、時計(1389円+税)、ボールペン(500円+税)、ストラップ(400円+税)などがあります。


※記者KT、編集室M 2019/5/15取材、6/24更新