トップに戻る

新幹線開業200日前カウントダウンイベント レポート

2015年9月5日(土)・6日(日)

北海道新幹線開業まであと200日! 2015年9月、JR函館駅およびJR函館駅近くの特設会場にて、カウントダウンイベントが開催されました。

同時開催「はこだてグルメサーカス2015」と合わせての来場者数は、2日間で18万6000人。特設会場では、北海道新幹線のH5系車両に採用される「グランクラス」シートの展示や、ジオラマとカメラ搭載の車両を使った運転シミュレーターなどの体験型アトラクションが人気を博しました。春からの新幹線時代に向け、さらに期待が高まった2日間をレポートします。

◆JR函館駅にて、観光客の皆様に北海道新幹線開業をPR

札幌と青森からの特急列車で到着したお客様に、「ようこそ!函館へ」の大合唱。ご当地キャラや観光関係者が、笑顔で皆様をお迎えしました。「いよいよ開業」の文字に「次は新幹線で来るね!」とおっしゃってくださったお客様、ありがとうございます!

函館商工会議所青年部「はやぶさPR隊」によるパフォーマンス。体を張ったアクションには、お客様の目がくぎづけに。YouTubeで、実際のパフォーマンスをご覧いただけます。

お客様と歓談する、函館駅の高梨駅長、ミス函館の山原さん。H5系新幹線カラーのオリジナルボールペンや北海道米「ふっくりんこ」などのプレゼントとともに、来春の新幹線開業に関するパンフレットをお渡ししました。

◆同時開催の「はこだてグルメサーカス」、過去最高の18万6000人が来場

函館・道南と東北6県、そして函館にゆかりのある世界各国の「食」が函館に大集結する本イベント。4回目となる今年は、約130店が軒を並べ、多くの市民、観光客で賑わいました。

特に今回は、北海道新幹線開業によって交流拡大が期待される埼玉・北関東から「宇都宮餃子」などの6店が初出店。野菜たっぷりの餃子に舌鼓を打ちながら、新幹線でぐっと近づく各地の話題に花が咲きました。

はこだてグルメサーカス2015のレポート

登別温泉地獄谷から駆けつけてくれた「湯鬼神(ゆきじん)」と記念撮影。おとなしく抱っこされる赤ちゃん、きっと将来は大物に!

青森県むつ市のキャラクター、ムッシュ・ムチュランI世。新幹線開業に向けて、青函圏の周遊旅行をPR。

◆「鉄子が行く!!新幹線東北の旅」トークショー

開業200日前カウントダウンイベントの一環として行われたトークショー。北海道を代表する鉄道フォトライター、矢野直美さんが、津軽鉄道のストーブ列車、五能線のリゾートしらかみ、秋田内陸縦貫鉄道(あきた美人ライン)の急行もりよし号、三陸鉄道北リアス線のお座敷列車、陸羽東線(奥の細道ゆけむりライン)のリゾートみのり号など、新幹線でつながる東北地方の魅力的な列車旅を紹介してくれました。すぐにでも旅に出たくなりますね。

◆H5系新幹線「グランクラス」の最上級シート特別展示

特設会場の中央でひときわ目をひいたのが、グランクラスのシートの特別展示です。グランクラスは2011年3月、東京−新青森間のE5系車両で運用が開始され、北海道新幹線でも採用されることが発表されています。1両の定員はわずか18人、座面幅は520mmで、大柄の男性でもゆったり座れる、まさに新幹線のファーストクラス。専任アテンダントによるおもてなしも評判で、軽食や、アルコール類を含むフリードリンクサービス、各種アメニティグッズの用意があるそうです。この座席で過ごす、東京から新函館北斗駅までの約4時間は極上のひとときとなることでしょう。

◆子どもたちに大人気「運転シミュレーター」

子どもたちに大人気だったのは「運転シミュレーター」。鉄道ジオラマの中を走る車両にカメラが搭載され、モニターで運転席からの風景を眺めながら操作をすることができます。次々と変わる景色はスピード感があり、みんな夢中に。

◆今回は、札幌市も参加して新幹線開業をPR

今年6月、札幌駅前通地下歩行空間にて、函館市と札幌市が共同して新幹線開業のPRを実施しました。今回は函館に札幌市のかたがたが駆けつけて、カウントダウン記念写真コーナーを実施。来場のお客様はノリノリで写真におさまりました。

◆さらに、会場にはこんなコーナーも

H5系ミニ新幹線コーナーでは、大人も童心にかえってニッコリ。

ポーズばっちり、運転士なりきり撮影会。未来の運転士です!

新幹線ペーパークラフトコーナーで、マイ新幹線を作成。

ご当地赤い羽根バッジ、今年は新幹線とイカール星人のコラボバージョン。

全国各地の新幹線模型箱詰め弁当を数量限定販売。

函館市民1000人の名前を刻んで制作された、新幹線ジオラマを展示。

おもちゃ電車コーナー。子供たちが思い思いに、電車を走らせます。

開業までの歴史、路線図などのパネルを展示し、新幹線の基本情報をご案内。

北海道庁所有のH5系新幹線模型も展示。新型車両をよりリアルに実感。

家族やお友達と一緒の楽しい体験を通じて、北海道新幹線への期待が高まった2日間。「早く乗りたいな!」「新幹線で○○に行きたい!」……夢の実現まで、もう少しです!

(2015年9月5日・6日取材)