トップに戻る
カトリック元町教会の美しさ
hk59911X01.jpg
カトリック元町教会は、創建1877(明治10)年。現在の建物は1924(大正13)年に再建。元町の代表的風景、教会群の一角を占める。

この教会の美しさにため息をついてしまうことがある。高い天井の鋭角なアーチの美しさ。グレーと青が混ざったような、蒼い天井。この天井に、かどの多い銀の星がちりばめられている。小さな声で話しても遠くに届いてしまいそうな反響と、壁の受難のレリーフ、ステンドグラス。

開港の年にフランス人の宣教師が函館に来て、病人の世話をしたり、フランス語を教えたりといった活動をはじめ、その人柄が多くの人を集めたといわれている。アイヌ語の辞典を手がけ、後の欧州でのアイヌ研究の種を作ったのも、カトリックの宣教師であったという。なんとも、まじめな、やさしい気持ちを大切にしたくなる空間。礼拝以外は開放してくれているのがうれしい。

hk59911X02.JPG hk59911X03.jpg hk59911X04.jpg hk59911X05.jpg

関連記事