トップに戻る
第40回 箱館五稜郭祭と館城跡まつり
箱館五稜郭祭は2日に渡って開催されます。第40回の模様をお伝えします。
 
碑前祭 
hk00879h08.jpg hk00879h09.jpg hk00879h10.jpg

初日は碑前祭から。新政府軍と旧幕府脱走軍、それぞれに扮した仮装行列が、箱館戦争ゆかりの地を巡り、戦死者達の霊を弔います。進軍の太鼓を鳴り響かせながら、碧血碑へ。榎本武揚と黒田清隆が並び、碑前に献花を捧げ、弔砲が鳴り響きます。


土方歳三コンテスト全国大会
hk00879h11.jpg hk00879h12.jpg hk00879h13.jpg
 
碑前祭のパレードが五稜郭タワーに到着すると、セレモニーの後、毎年恒例の土方歳三コンテストが開催されます。決められた筋書きに基づき、それぞれの解釈で、自分のイメージの土方歳三を演じます。男子は、自分の得意分野に応じて、剣劇を披露したり、爆笑劇を展開したり。女子は、土方さんへの熱い想いをただ直向きにぶつける演技が多いようでした。

維新行列・戦闘シーン
hk00879h14.jpg hk00879h15.jpghk00879h16.jpg
 
翌日は、中島町から行啓通りを通って、五稜郭公園に向かう維新行列の仮装パレード。土方歳三コンテスト入賞者も行列に参加します。軍艦「開揚」と黒船「サスケハナ」の山車も登場し、迫力満点です。戦闘シーンは、新政府軍と旧幕府脱走軍、双方の武士達の激しい斬り合いの後、土方歳三が銃弾に倒れるところまで。思い切り、感情移入しながら、クライマックスを楽しみましょう。

◆番外編・館城跡まつり
hk00879h03.jpg hk00879h04.jpg hk00879h02.jpg
 
もしも箱館五稜郭祭を最初から最後まで堪能したいと思った方は、本祭の1週間前に行われる厚沢部の館城跡まつりにも是非一度足を運んでみてください。

明治元年10月26日に五稜郭を無血開城させた旧幕府軍は、二手に分かれて松前藩を攻略します。鶉越え(現国道227号)のルートで館城攻略に向かったのは松浦四郎次郎の一隊で、途中、稲倉石で激戦が行われました。館城の戦いでは、松前藩方の三上超順の勇猛な戦いぶりが記録に残っています。
 
hk00879h06.jpg  hk00879h07.jpg hk00879h05.jpg

館城跡まつりでは、五稜郭祭メンバーと、厚沢部町のメンバーが合同で仮装行列と殺陣を演じます(「官軍 対 旧幕府軍」)。

関連記事