トップに戻る
雪の大三坂、白銀の世界を写真散歩
110121walkK01.jpg

雪の積もった日の朝、白く染まった街並みは、ひんやりとした空気が意外に爽やかで、清々しいものです。こんな朝にカメラを持って散歩をするのも、悪くありません。

函館は美しい風景がとても多い街です。そんな中でも、特に「日本の道百選」に選ばれた大三坂は、狭い範囲内に歴史的建造物がひしめき合うように建ち並んでおり、写真散歩には絶好の場所です。大三坂は、市電の十字街と末広町のちょうど中間あたりにあります。

電車通りに面して坂の上り口に並ぶのは、風格ある二つの建物(左側がエビス商会、右側が川越電化センター)。さあ、坂を上って、冬の散策に出かけましょう。


110121walkK02.jpg

坂は車道も歩道も、一面の雪。雪の白さと建物の白さが調和して、とても美しい風景が広がって、何だかワクワクします。


110121walkK03.jpg

かつては仁壽生命函館支店だったモダンな白い洋館は、現在の大三坂ビルジング。意外と知られていない素敵な建物が多いのも、大三坂の魅力のひとつです。


110121walkK04.jpg

バス通りに出ると、ピンク色のかわいい理容院がありました。奥には教会の塔、その後ろには函館山も見えています。


110121walkK05.jpg

こちらも可愛らしい色の板壁が印象的なパン屋さん(現在は違う色に塗られています)。店舗として利用される和洋折衷住宅も少しずつ増えています。


110121walkK06.jpg

坂を進んでいくと、素敵な民家がずらりと。


110121walkK07.jpg

歴史と風格を兼ね備えた家が間を置かずに建ち並び、まるでタイムスリップしたかのような気分になります。


110121walkK08.jpg

屋根に積もった雪も真っ白。この年は例年よりも積雪が多かったですね。屋根も重そうです。


110121walkK09.jpg

右側のピンクの建物は旧亀井家住宅。坂を上ってくるにつれ、教会も函館山もどんどん近づいてくるのが見どころです。函館山は、綺麗に雪化粧をして美しい姿を見せています。


110121walkK10.jpg

振り返って旧亀井家住宅を眺めます。大正時代に建てられたお洒落な洋館。特徴的な三角屋根と出窓のデザインがよくわかります。ピンク色が雪に映えてとても綺麗です。


101221nightviewK13.jpg

向かいには東本願寺。塀にある勝手口の戸は、坂道に合わせて菱形のデザインになっています。


101221nightviewK14.jpg

東本願寺は隣の二十間坂にあるイメージが強いですが、実は大三坂にも面しています。


101221nightviewK15.jpg

坂の勾配がいよいよきつくなってきますが、焦らずゆっくりと。ここにも素敵な和洋折衷住宅のソフトクリーム屋さんがあります。



大三坂散歩の終点は、元町カトリック教会。雪化粧をした鐘楼は、写真で見慣れた雪のない姿とはひと味違って見えます。


きつい坂を撮影を楽しみながらのんびり歩いて来たら、いつの間にか寒さを忘れて、うっすらと汗ばむほどに。素敵な景色を見られた満足感と澄んだ冷たい空気が、少しばかりの疲労感をとても心地よいものへと変えてくれていました。

爽やかな朝の写真散歩、心と体の健康にもいいものです。

※記者L 2011/1/21取材、2011/12/7更新

【この日の散歩コース】