スポットを探す グルメ 「和食」

すき焼 阿さ利本店

すきやき あさりほんてん


地元で有名な老舗すきやき専門店。平日はお手ごろ価格のランチも。靴をぬいで案内される2階個室は、懐かしい和の空間が広がる。接待での利用も可。正面は精肉店。

表は肉屋、あさり坂側にすき焼き屋とわかる白暖簾。明治34年開業以来、100年以上にわたって上質の肉を提供して地元市民に愛され続けている「阿佐利精肉店」の営む、老舗すきやき専門店だ。広い玄関を入ると目の前は坪庭の明かり。かなり古い建物で、黒光りする階段。仲居さんに案内されて、二階の奥の個室へ。二人用の四畳半。個室ですき焼きなんて、なんと豪勢なことだろう。

さぞや高かろうと思ったら、特上の牛ロースコースが一人税込3900円。ランチは税込1400円から食べられる。もともとは肉屋だから仕入れには困らないというけれど、満足度は高すぎるほど。古いしつらえの座敷は居心地がよく、欧米人や大事な友人を連れてきたい。メニューの最後には、和牛の固体識別番号が毎日張り替えられる。なんとも安心だ。

仲居さんは、牛脂を鍋に丁寧に広げる。いい匂いが立ち上る。そこへ白滝。白滝の水分を飛ばして、肉の味を薄めないようにするのだそうだ。実際、白滝は香ばしく、いい味をしていた。野菜や豆腐が加わり、肉で蓋をするように置く。そこに、割り下とだしをかけて、一気にすき焼きの匂い。野菜は蒸し焼きのようになり、甘味が増してくる。たまねぎが入るのも北海道って感じだ。あっと言う間に肉の色がよくなる。醤油が効いていて、甘さを強く感じないのがいい。あわせるだしは鶏でとるのだそうだ。肉の味を壊さないようにと、薄くとるのだという。

酒は新潟のものが並ぶ。辛口の酒を選んだら、すき焼きにあう。他に、ご飯、お新香、デザートがついた。

牛脂で揚げたコロッケが食べたくて、通りに面した精肉店に入る。一個 税込75円のコロッケはすぐになくなることもあるので、早めに食べたい。税込1600円のランチには、揚げたてコロッケがついている。

関連記事

※hakobura 2010/7/1公開 2015/11 更新


すき焼 阿さ利本店
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市宝来町10-11
電話番号 0138-23-0422
営業時間 11:00~20:30までに入店。(ランチメニュー)11:30~13:30(L.O.13:00)日・祝日はなし
定休日 水曜日
アクセス 市電「宝来町」電停下車 徒歩1分
駐車場 有(10台)
喫煙
GoogleMapで大きなマップを開く
個室、小上がり、ランチタイムに営業、ディナータイムに営業、喫煙OK、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、20名以上OK、英語メニュー


このページのトップへこのページのトップへ