スポットを探す 遊ぶ 「公園」

大沼国定公園

おおぬまこくていこうえん


公園には大小126もの小島が浮かび、そのいくつかは橋で結ばれ網の目のように道が続いて、島巡りの遊歩道となっている。サイクリングやボート、遊覧船などで楽しく遊べる。

活火山「駒ケ岳」と、その噴火でできた大沼、小沼、じゅんさい沼、大小の島など周辺一帯が、1958年に道南で唯一の国定公園となりました。

豊かな自然と雄大な景色が人気。春~秋はサイクリング、ランニング、ボート、遊覧船など、冬はスノーモービル、ワカサギ釣りなど、アウトドアスポーツを楽しむ人でにぎわいます。

また、四季にわたって花や鳥などの自然が楽しめるのも特徴です。特に秋は、大沼公園駅前の街路樹が綺麗な黄色に染まり、駒ケ岳を望む大沼湖畔「湖月橋」は、絶好の紅葉スポット。沼に浮んだ小島を結ぶ橋を渡る散策路もあります。

関連記事

※編集室M 2011/10/5公開 2015/10 更新


大沼国定公園
エリア 函館近郊・大沼エリア
所在地 北海道亀田郡七飯町
問合せ先 七飯町商工観光課
電話番号 0138-65-2517
休園日 無休
アクセス JR 「大沼公園」駅 下車  徒歩5分
駐車場 有(160台 ※有料 ユーカラパーキング/乗用車1台400円(1日1回)0138-67-2311 自然公園財団駐車場/乗用車1台400円(1日1回)0138-67-3477)
料金 入場料 無料、手漕ぎボート・観光遊覧船は有料
関連リンク まるごと大沼
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、体験メニュー(予約不要)、体験メニュー(要予約)、眺望がいい、自然が豊か、花の名所、幼児向け、指定文化財等