スポットを探す 遊ぶ 「公園」

五稜郭公園

ごりょうかくこうえん


星型城郭で国の特別史跡に指定されている。戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争の舞台となった。春は桜の名所、冬は堀がライトアップされる。2010年箱館奉行所も復元オープン。

かつて榎本武揚、土方歳三らが率いる新撰組にとって最後の砦となった、国の特別史跡五稜郭跡。一般的には五稜郭公園の名で親しまれ、多くの木々と堀に囲まれた星型の城郭は、夏に緑色、秋に赤黄色、冬に白色、そして5月の大型連休ごろには桜色へと装いを変えます。

公園として一般開放された1914(大正3)年に、当時の函館毎日新聞社が発刊1万号を記念し、10年かけて約1万本のサクラの木を寄贈、植樹。2010(平成22)年に復元公開された箱館奉行所の横に建立されている碑で、その功績を確かめることができます。

長い年月を重ねるうちに樹木は朽ち、現在では約1600本が花を咲かせます。公園の管理者によると、正面から入園して一の橋を渡り切った右手の土手にあるサクラが、周囲に日を遮るものがないためか、特に見栄えがするとか。また、散り際には堀の水面が花びらで覆い尽くされ、開花時とは一味違った趣を楽しめます。

桜の開花はソメイヨシノが標本木、函館市では五稜郭公園の桜が観測場所となっています。5月はじめの週末や祝日には、花見に集う市民であふれ、賑やかです。平日でも、まだ肌寒い早朝6時に訪れてみますと、もう多くの市民の方々が、着慣れたスポーツウェアに身を包み、淡々とお堀の回りを散策しています。健康的な日々の日課のようです。前日の宴の痕跡なども、あらかた片づけられていて、すがすがしい感じでした。

四季折々に美しい景色が眺める公園、函館にお越しの際はぜひ、一巡りしてみてください。

関連記事

※hakobura 2008/11/8公開 2015/7 更新


五稜郭公園
エリア 五稜郭エリア
所在地 函館市五稜郭町44
問合せ先 函館市住宅都市施設公社 花と緑の課
電話番号 0138-40-3605 (所在地が異なるため、カーナビ検索でこの番号を使用しないでください) 五稜郭公園管理事務所0138-31-5505(日中は作業のため留守がちです)
開園時間 郭内入場は5~19時(4~10月)、5~18時(11~3月)
アクセス 市電 「五稜郭公園前」電停 下車  徒歩15分 ※JR五稜郭駅からは公共交通の便がわるいため、JR函館駅から市電・バスのご利用をおすすめします
駐車場 無(付近の有料駐車場か、なるべく公共交通機関をご利用ください。)
料金 公園内無料
関連リンク 特別史跡 五稜郭跡(函館市)
関連リンク 箱館奉行所
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、幼児向け、指定文化財等