スポットを探す 観光 「景色(市内)」

函館山

はこだてやま


標高334mで「牛が寝そべるような」外観から「臥牛山」とも呼ばれる。明治時代から昭和20年まで要塞として利用されて立入禁止となり、今も砲台など戦争の痕跡が残る。

函館山は太古の火山活動でできた火山島でした。土砂が堆積して砂州となり、約5000年前に北海道(亀田半島)とつながって、現在の函館の地形になりました(陸繋島)。
 
明治~太平洋戦争終了まで軍の要塞となって、一般市民は立入禁止だったため、結果的に植物や野鳥などの豊かな自然が残っています。1964(昭和39)年に鳥獣保護区特別保護地区に指定。
 
12の山々が連なってできていて、牛が寝そべったような外観から「臥牛山(がぎゅうざん)」と呼ばれます。山頂の展望台からは「100万ドルの夜景」が楽しめるほか、山麓には登山ルートも整備され、自然や景色を楽しみながら山歩きができます。
 
関連記事

※編集室D 2010/9/1公開 2017/1 更新


函館山
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市函館山
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「宝来町」電停 下車 徒歩20分で登山ルートの出発点(函館山ふれあいセンター)へ
駐車場 有(函館山山麓駐車場)
関連リンク 函館市住宅都市施設公社 函館山
GoogleMapで大きなマップを開く
眺望がいい、自然が豊か、花の名所、歴史好きに、幼児向け、無料駐車場、英語看板、中国語看板、韓国語看板


このページのトップへこのページのトップへ