スポットを探す 見る 「景色(市内)」

大森浜(啄木小公園)

おおもりはま(たくぼくしょうこうえん)


住吉漁港から松倉川河口付近までの海岸のこと。かつては付近一体に砂山が広がっていた。イカ漁の時期には漁火が美しく、元旦には海上からの日の出が見られる。

津軽海峡に面した、函館山から東へのびる海岸が大森浜。立待岬がひかえる住吉町から、湯の川温泉、松倉川河口付近まで、彼方に青森県の下北半島を望む海が広がります。かつては付近一帯に砂山が広がっていたことから、砂の盛り上がる「大盛り」から名づけられました。

そのちょうど中ほど、日乃出町の大森浜に沿うように設けられているのが、石川啄木像が建つ「啄木小公園」。函館を愛した石川啄木をしのんで、昭和33年に啄木像(彫刻家・本郷新氏製作)が寄贈されたことに始まり、昭和52年に公園区域がさらに拡張・整備されました。函館周辺の石材を使用したり、ハマナス、コマハギクなどを植え込んだりして、郷土色豊かな海浜の風情を盛り込んだ公園となっています。
座像の下には、「潮かおる 北の浜辺の 砂山の かの浜薔薇(ハマナス)よ 今年も咲けるや」の歌が刻まれ、大森浜の海と砂浜を愛し、好んで散策した啄木の姿をしのぶことができます。

啄木像は海岸と海、函館山を背に建っていて、絶好のビューポイント。カメラの設置台もあり、セルフタイマーで啄木といっしょに写真を撮る人も多く見られます。また、初夏から晩秋にかけては、夜の津軽海峡に煌々と灯る真イカ漁の「漁火(いさりび)」を望むこともできて、風情満点です。

なお、公園に隣接する「土方・啄木浪漫館」には、「一握の砂」初版本や「悲しき玩具」のフランス装丁版など、貴重な資料が展示されています。

関連記事

※編集室M 2011/6/12公開 2015/10 更新


大森浜(啄木小公園)
エリア 五稜郭エリア
所在地 函館市日乃出町25
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333
アクセス 「啄木小公園前」バス停 下車  徒歩1分
駐車場 有(10台)
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、無料駐車場、英語看板