スポットを探す 観光 「歴史的建造物(一般入場可)」

金森赤レンガ倉庫(金森洋物館)

かねもりあかレンガそうこ かねもりようぶつかん


ベイエリアに建つ函館の代表的な観光スポット。1909(明治42)年建築、1988年から全面リニューアルし、ショッピングモール、ビアホール、イベントホールなどとして営業。

港町の岸壁に建ち並ぶ赤レンガ倉庫は、横浜や神戸、長崎など各地に点在し、どこかロマンチックな風情を感じさせてくれる、その町のシンボルとなっています。我が国初の国際貿易港として開港した函館も例外でなく、市内有数の観光スポットとして四季を問わず、にぎわいを見せています。
 
函館の西部地区にある赤レンガ倉庫は、長崎から来函し、輸入雑貨や船具などの販売を手掛けていた初代渡邉熊四郎が1887(明治20)年、既存の建物を買い取って営業倉庫業に乗り出したのが始まりです。海運の活況により、荷物の取扱量が年々増加していったため、倉庫の増築で営業規模を拡大していきました。
 
そんな最中、1907(明治40)年に発生した大火で倉庫6棟を焼失し、不燃質の倉庫として1909(明治42)年に再建されたのが、現在の建物です。その後、流通の多様化や北洋漁業の衰退などに伴い、倉庫としての役割を終え、飲食店や土産物店が入居する複合施設へと姿を変え、観光スポットとなりました。とはいえ、数棟は、現役の営業倉庫として活躍を続けています。
 
金森赤レンガ倉庫として営業する7棟の施設は、テーマごとに「函館ヒストリープラザ」「金森ホール」「金森洋物館」「BAYはこだて」に分かれていて、飲食店や土産物店などが軒を連ねています。金森ホールは、イベント開催時以外も内部見学可能(要事前連絡)。また、冬には倉庫の目の前で、一大イベント「はこだてクリスマスファンタジー」が開催されます。
 
関連記事
 金森赤レンガ倉庫(買い物スポット)

※hakobura 2010/4/1公開 2016/8 更新


金森赤レンガ倉庫(金森洋物館)
エリア ベイエリア
所在地 函館市末広町14-12
問合せ先 金森商船
電話番号 0138-27-5530
開館時間 9:30~19:00
休館日 無休
料金 無料
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩5分
駐車場 有(100台(有料))
関連リンク 金森赤レンガ倉庫
ブログ 金森赤レンガ倉庫STAFF BLOG
Facebook 函館金森赤レンガ倉庫
GoogleMapで大きなマップを開く
入館できる古建築、明治・大正の建物、指定文化財等、無料で入れる施設、眺望がいい、歴史好きに、幼児向け、雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、英語看板、中国語看板


このページのトップへこのページのトップへ