スポットを探す 買う(買い物スポット) 「みやげ店・モール」

金森赤レンガ倉庫

かねもりあかレンガそうこ


ベイエリアに建つ函館の代表的な観光スポットで、レトロなレンガ造りの建物内に、スイーツ、みやげ品、アクセサリー、雑貨などを扱うショップが集まっている。

「金森赤レンガ倉庫」は、1988(昭和63)年4月にベイエリアにオープンした函館の代表的な観光スポット。みやげ品、アクセサリーや雑貨を扱うショップなどが集まっていて、いつも多くのお客さんで賑わっています。倉庫群は「函館ヒストリープラザ」「金森洋物館」「BAYはこだて」と3つのエリアに分かれています。

函館ヒストリープラザは、今から100年以上前に建てられた赤レンガ倉庫。レンガ造りの倉庫を当時の面影のまま利用したガラスミュージアムショップ「函館浪漫館」、多彩なフレーバーが人気のジェラート店「ミルキッシモ」など、明治の浪漫と新しい文化が流れる雰囲気に包まれています。 

金森洋物館は、ヨーロッパの豊かな生活文化をテーマにした夢あふれるショップが集合。広大な館内には、金森倉庫の形をしたパッケージに入ったクッキーなど、オリジナル商品が取りそろえられているセレクトショップ「あおい森」をはじめ、ふわふわでとろける食感のチーズオムレットで有名な「ペイストリー スナッフルス」、北海道産牛乳で作ったミルクジャム専門店「レ・コンフィチュール」、北海道内の有名なお菓子が豊富に並んでいる「セーラーズ・マーケット」「プティト・フルール」などがあります。また、クリスマスショップやインポート品、生活雑貨、アンティーク品などを扱う個性あるショップも魅力的です。 

BAYはこだては、1882(明治15)年ごろに築造された掘割沿いに建っており、一口サイズのチーズケーキ・メルチーズの販売店「プティ・メルヴィーユ」、美しく豊かな音楽を奏でるオルゴールの専門店「函館オルゴール堂」、函館近海で獲れたイカの墨で染めた製品が並ぶ「シングラーズ」などがあります。

館内外には「函館ビヤホール」 「はこだてミルク工房」 「ベイサイドレストラン みなとの森」など、カフェやレストランもあり、買い物のあとに立ち寄ってひと休みするのにぴったり。また、季節に応じてさまざまなイベントも随時行われていますので、買い物と合わせて楽しめます。 

関連記事

※記者TT 2014/3/11取材、3/13公開 2015/7 更新


金森赤レンガ倉庫
エリア ベイエリア
所在地 函館市末広町14-12(金森商船株式会社)
電話番号 0138-27-5530
営業時間 9:30~19:00
定休日 無休
アクセス 市電 「十字街」電停 下車  徒歩5分
駐車場 有(100台。1000円以上施設利用で2時間まで無料)
関連リンク 金森赤レンガ倉庫
ブログ 金森赤レンガ倉庫STAFF BLOG
Facebook 函館金森赤レンガ倉庫
GoogleMapで大きなマップを開く