スポットを探す 観光 「歴史的建造物(一般入場可)」

旧函館区公会堂

きゅうはこだてくこうかいどう


1910(明治43)年築、工事費の大半が豪商相馬哲平の寄付による。基坂の真上にあたり、2階のバルコニーからの眺めは絶景。国指定重要文化財。

函館を代表する坂のひとつ・基坂(もといざか)を見上げると、木々の間から桟瓦葺の屋根に、外壁がブルーグレーとイエローの建物がのぞいています。観光客から高い人気を誇る旧函館区公会堂です。大火によって焼失した住民の集会所であった町会所(まちかいしょ)を再建しようと、豪商相馬哲平氏や住民からの寄付などを元手に、1910(明治43)年に竣工しました。
 
和と洋の要素が融合した建築意匠に優れ、館内に置かれた家具の保存状態も良いことから、1974(昭和49)年に木造2階建ての本館と管理人室にあたる附属棟が国の重要文化財に指定された、函館の貴重な財産のひとつです。
 
外観のインパクトもさることながら、細部に目を凝らすと、屋根窓や棟飾柵、破風(ぺディメント)、円柱、柱頭飾とどれをとってもハイカラな造り。館内の装飾も、外国人の指導を受けることなく、洋風建築物の視察などを通して自ら考案した職人の高い技術を垣間見ることができます。中でも皇族が実際に利用したこともある貴賓室は、外国製の壁紙やシャンデリア、暖炉を用いており、内装の高貴な色遣いに目を奪われてしまいます。
 
また、3月~12月には、艶やかなロングドレスなどを着用できる「ハイカラ衣裳館」が営業しています。2階のバルコニーから港内を一望しながら優雅な気分に浸ってみてはいかがでしょう。館内には、洋雑貨を扱うメモリアルショップもあり、おみやげを探すのもおすすめです。
 
関連記事

※hakobura 2010/9/17公開 2016/11 更新


旧函館区公会堂
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市元町11-13
電話番号 0138-22-1001
開館時間 9:00~19:00(4~10月)、9:00~17:00(11~3月)、9:00~15:00(1/1~1/3)
休館日 12月31日、館内整理休館日あり
料金 一般300円、学生・生徒・児童150円
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩7分
駐車場
関連リンク 旧函館区公会堂((公財)函館市文化・スポーツ振興財団)
GoogleMapで大きなマップを開く
入館できる古建築、明治・大正の建物、指定文化財等、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、幼児向け、雨や雪でも楽しめる、英語看板、中国語看板、韓国語看板


このページのトップへこのページのトップへ