スポットを探す 観光 「景色(市外)」

新幹線ビュースポット(木古内町)

しんかんせんビュースポット


北海道新幹線の駅があるJR木古内駅から青函トンネル寄りに造られた展望台。新幹線と在来線の分岐ポイントが見られることから、鉄道ファンなどの注目を集めている。

函館から南西方向に車で約1時間、北海道新幹線の駅がある木古内町に、2016年3月に開業する新幹線の走行する姿を眺められる展望台ができました。北海道新幹線は、青函トンネルを含む約82kmが在来線の線路との共用区間であり、展望台からは、新幹線と在来線の分岐ポイントが見られます。

展望台はJR木古内駅から車で約5分、または徒歩約40分。道の駅「みそぎの郷 きこない」がある南口から道道5号線を知内・松前方向へ進み、木古内川を越えてすぐの道路を右折。上ノ国・江差方向へ進み、新幹線ビュースポット看板を左折し、道なりに進むと展望台が見えてきます。

展望台の屋根は緑色、柵は紫色に塗られており、北海道新幹線の車体カラーを連想させます。展望台内には無料の固定式双眼鏡が1台設置され、360度回転できるので、分岐ポイントやトンネルを走り抜けていく列車の姿などが見られ、思わず「おお!」と興奮の声が出ます。また、在来線を走る長い貨物列車なども見ごたえ満点です。展望台内には、新青森方面行き、新函館北斗駅行き、それぞれの新幹線通過時刻表を掲示しています。事前に時刻表やJRのホームページなどで時刻を確認してから出かけるといいでしょう。

なお、展望台周辺には、公衆トイレなどの施設はありませんので、お出かけの際はご注意ください。

※記者TT 2016/1/28取材、2/4公開 2016/3 更新


新幹線ビュースポット(木古内町)
エリア みなみ北海道エリア
所在地 北海道上磯郡木古内町字新道113
問合せ先 木古内町役場
電話番号 01392-2-3131
アクセス JR函館駅から車で約1時間
駐車場 有(4台)
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、無料駐車場


このページのトップへこのページのトップへ