スポットを探す 体験 「公園」

函館公園

はこだてこうえん


1879(明治12)年、市民によって造成された公園。無料の動物飼育施設があり、ヤクシカもいる。春は花見、秋は紅葉狩り、夏は中央の噴水で水遊びをする家族連れで賑わう。

豊かな草木に覆われた函館山の麓に、函館公園があります。「病人に病院が必要なように、健康な人間には休養する場所が必要」と、当時の函館駐在英国領事リチャード・ユースデンが提言したのを受けて、市内の実業家4人が中心となって寄付金を集め、市民も全面的に協力。着工から1年7カ月を経て、1879(明治12)年に開園しました。日本で最初の時期に新設された、都市公園のひとつとして数えられます。
 
函館公園は、桜の名所としても知られています。1891(明治24)年、1894(明治27)年の2度にわたり、地元の商人・逸見小右衛門が、函館公園を奈良県の吉野山のようにしたいと、自らの手でサクラとウメの木約5250本を植栽。大正初期、昭和初期の大火で樹木の一部が焼失しましたが、現在も、ソメイヨシノを中心に約420本のサクラの木が残されています。園内は起伏があるため、高低それぞれの視点から咲き誇る花々を楽しめます。GWの桜シーズンには、夜間に電飾が施されるのも魅力。焼き物などを販売する露店も立ち並んで、にぎわいます。
 
また、秋にはサクラをはじめ、ツツジ、カエデなどが美しく紅葉し、色づく函館山との取り合わせも絵になります。

園内には、噴水広場、博物館、遊園地、ミニ動物園などがあり、歴史的な建造物や碑も多いので、ゆっくりと散策したり、家族づれで楽しむのにおすすめです。国登録文化財の登録記念物(名勝地)。
 
関連記事

※hakobura 2010/4/1公開 2015/7 更新


函館公園
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市青柳町17
問合せ先 函館市住宅施設公社 花と緑の課
電話番号 0138-40-3605
営業時間 常時開園。ビジターセンターは8:45~17:30。詳細はHP参照。
休園日 公園は休園日なし。ビジターセンター休園日 12月29日~1月3日
アクセス 市電「青柳町」電停下車 徒歩3分
駐車場 有(公園駐車場は障がい者用4台のみ)
料金 無料
関連リンク 函館市住宅都市施設公社
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、幼児向け、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、明治・大正の建物、指定文化財等


このページのトップへこのページのトップへ