スポットを探す 遊ぶ 「公園」

元町公園

もとまちこうえん


街歩きの小休止地点ともなる、函館の歴史が凝縮された公園。港を見下ろしたり、歴史をかみしめたり、思い思いの休み方ができる。

函館が「はこだて」と呼ばれるようになった由来の場所。その始まりは室町時代に遡ります。後に松前藩の初代藩主となる武田信広とともに、津軽からやって来た河野政通が、現在の元町公園と市立函館病院跡地附近に箱型の館を築いたことから、「箱館」の名がついたそうです。

江戸時代には箱館奉行所が開かれ、その後も北海道函館支庁庁舎(現在は元町観光案内所・写真歴史館として使用)等が築かれるなど、常に函館を司っていたのがこの場所です。

基坂下から見ると、まるで公会堂の前庭のような位置に元町公園はありますが、このそれほど大きくない公園には、たくさんの「函館」が詰っています。前出の旧北海道函館支庁庁舎には、北海道写真発祥の地である軌跡をうかがい知ることができますし、隣の旧開拓使函館支庁書籍庫のレンガには、明治の製造年の刻印がちゃんと入っているのです。どうぞ探してみてください。
また、旧支庁庁舎の横には、私財をなげうって函館の都市形成に貢献した「四天王」、今井市右衛門、平田文右衛門、渡辺熊四郎、平塚時蔵の像があります。余談ですが、彼らを四天王と呼んだのは、俳優・時任三郎の祖先である、時任為基(明治初期の函館の発展に寄与した役人)であります。

初夏には下の旧イギリス領事館とともに、薔薇が咲き乱れる名所として市民によく知られています。公園の広場ではチャリティーイベントやフリーマーケットなどの催し物のほか、8月には「はこだて国際民俗芸術祭」が行われます。
函館港を一望できる絶好のポジションでもあるこの公園。室町時代の人は、この港をどのように見たのだろうか、などと想像しながら、旅の足を少し休めてみてください。

関連記事

※記者J 2011/6/3取材 6/6公開 2015/10 更新


元町公園
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市元町12
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333
開園時間 入園自由
アクセス 市電 「末広町」電停 下車  徒歩5分
駐車場 有(函館市観光駐車場 1時間200円)
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、花の名所、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、明治・大正の建物、指定文化財等