スポットを探す お土産店 「市場」

函館朝市

はこだてあさいち


約250軒の店舗が軒を連ねる函館朝市。海産物をはじめ野菜、果物、お菓子、珍味など、函館のありとあらゆる味覚が集まる食のワンダーランド。

約250軒の店舗が軒を連ねる函館朝市は、海産物をはじめ野菜、果物、お菓子、珍味など、函館のありとあらゆる味覚が集まる巨大な市場。函館駅から徒歩1分でアクセスもしやすく、函館旅行には外せない観光スポットでもあります。

函館近海でしか獲れない「がごめ昆布」を一枚ずつ手で削っておぼろ昆布にする様子が見られる「梶原昆布店」、注文を受けてからその場で函館近海産の真イカを焼き上げて作る「手焼きさきいか」が人気の「カシメ」、今や希少品になりつつある鯨ベーコンなどがいつでも買える「函館くじら屋」など、ユニークなお店がいっぱいです。自分で釣り上げたイカをその場でイカ刺しにしてくれる「元祖 活いか釣堀」も老若男女を問わず大人気。函館朝市を隅々まで巡ってみると、珍しいものやここにしかないもの、あなたのお気に入りの店がきっと見つかります。

朝市大通り、朝市仲通り、巴通りといった路面店の集まっている通りのほか、どんぶり横丁市場、駅二市場、函館朝市ひろばといった施設もそれぞれに特徴があります。たとえば、2014年4月にオープンした函館朝市ひろばは、青果店・花屋などの「物産街」、農業生産者による「産直市」、海鮮丼・ラーメン・フレッシュジュース・スープバーなどの「フードコート」からなる複合施設。多彩な店が集まる函館朝市で、楽しいひと時をお過ごしください。

函館朝市のルーツは、終戦直後に近隣町村の農家が野菜や果物を持ち込んで行った函館駅前での立ち売り。昭和22年には現在の市役所付近に移りましたが、規模の拡大に伴って昭和31年に現在地に移転。以降、函館の食の一大流通拠点として栄えてきました。

「仕入れたら必ず自分たちで食べるようにしてるんだ。まずい物はお客さんに出したくないから。まずかったら売らないんだよ、ホント」と教えてくれたのは、「函館カネニ」の酒井さん。お客さんに「うまい!」と思ってもらいたいとの心意気が伝わってきます。何でも聞いてみると親切に教えてくれる店がほとんどなので、引っ込み思案にならずに、どんどん前に出て店員さんとの会話を楽しみましょう。

関連記事
 「市場」の美味しい楽しみ方
 函館に来たら、やっぱり朝市の海鮮丼!


※記者K 2011/2/28公開 2016/11 更新


函館朝市
エリア 函館駅前・大門エリア
所在地 函館市若松町9番19号(函館朝市協同組合連合会事務局。どんぶり横丁市場2F)
電話番号 0120-858-313
営業時間 5:00~14:00過ぎ(店舗により異なる/1月~4月は6:00~)
定休日 年中無休(店舗毎に異なる)
アクセス JR 函館駅 下車 徒歩1分
駐車場 有(第1駐車場は朝市連合会推奨店2100円以上利用で1時間無料、大駐車場は朝市連合会推奨店2100円以上利用で最大1時間半無料)
関連リンク 函館朝市
関連リンク 函館朝市えきに市場
GoogleMapで大きなマップを開く
朝10時前から営業、市電電停から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、地元のみやげが買える、免税対応、Wi‐Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)


このページのトップへこのページのトップへ