トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「雑貨店」

OZIO

オジオ


ビビットな色彩の皮と愛らしい動物柄の皮細工小物やバックのお店。店主が心を込めて手作りしている。函館の風景をスケッチしたトートバックもある。オーダーも可能。

手作り革製カバンのブランド「OZIO」。イタリア語の「ゆったり気ままに」の言葉通り、鞄作家の永嶺康紀さんが2009年7月に活動拠点を東京から生まれ故郷の函館に移し、直営店を開店させました。2012年4月、元町・五島軒の向かいにある歴史ある建物に移転。高い天井のどこか懐かしい空間に色とりどりのバッグが並ぶ様子が、大きなガラス戸越しに見えて、街歩きの途中でふらりと立ち寄りたくなります。
 
OZIOを代表するデザインのひとつが、フラミンゴやキリンなどをモチーフにしたアニマル柄。制作にあたっては、実際に動物園へ足を運んで動物の姿をスケッチし、図鑑で生態を調べた上で、ポーズを決めているそう。目を凝らすと、特有のあどけない仕草や表情が描かれており、心をホッと和ませてくれます。
 
函館の風景をデザインしたものも人気。坂シリーズは、大三坂の石畳を柄に用いたものをはじめ、八幡坂は坂下の延長線上に浮かぶ摩周丸、基坂は旧函館区公会堂のイメージをイラスト化しており、想像力をかき立てられます。また、バレリーナ柄バッグも素敵です。
 
経年とともに革は独特の風合いを醸し出し、10年、20年...と愛着をもって長く使っていけることでしょう。陳列するカバンを眺めていると、新たな発見、新たな出会いが待っているかもしれません。

なお、2017年4月、五稜郭エリアの新スポット「シエスタハコダテ」1階に、革雑貨とグリーンの店「OZIO Yasunori Nagamine」をオープン。革バッグ、布トート、ポーチなど、商品ラインナップもいろいろで、代表作の動物柄バッグのほか、函館山と街灯り、星空をモチーフにしたオリジナルの絵柄もあります。2017年8月には、金森赤レンガ倉庫のBAYはこだて1号館にも新店舗がオープンしました。

※hakobura 2010/11/1公開 2018/7 更新


OZIO
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市元町29-14  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-1773
営業時間 11:00~19:00
定休日 無休
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩5分
駐車場 無料駐車場あり(3台)
関連リンク OZIOdesign株式会社
Facebook OZIO
市電電停から徒歩5分以内、無料駐車場、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


竹葉
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中