スポットを探す 見る 「坂」

八幡坂

はちまんざか


函館山からの夜景と並んでビュースポットとして紹介されることが多い坂道。かつてこの坂を登り切ったところに函館八幡宮があったとされ、名の由来となっている。

赤レンガ倉庫が立ち並ぶウォーターフロントの先を道なりに進むと、函館山へ導いてくれるのが「八幡坂」。両歩道脇には、坂上まで手すり付きの階段が整備されています。突き当たりにあるのは、演歌界の大御所・北島三郎の出身校として知られる函館西高校。その真下からの眺めが絶景で、かつて、CMで年配の夫婦が手をつなぎながらスキップするシーンのロケ地として評判となり、「チャーミーグリーンの坂」と呼ばれたこともあります。

坂名は、河野政通の館跡地(現在の元町公園付近)から移設された函館八幡宮があったことに由来すると伝えられています。大火の被害を受けて1880(明治13)年に現在の谷地頭町に移ったものの、その後も坂の名称は残されました。

かつては湾曲していたそうですが、今は海に向かって真っすぐの美しい道。正面に、記念館として港に係留展示されている青函連絡船・摩周丸を望める、函館で1、2を争う人気の高い坂となっています。冬には「はこだてイルミネーション」で、街路樹と石畳が美しく照らし出されます。訪れる季節、時間によって異なる情景を、カメラのファインダー越しにもお楽しみください。

摩周丸を目に焼きつけ、坂道を下ると、電車通りの手前に珈琲屋「select coffee shop peacepiece」があります。坂を下りきる前に、八幡坂の思い出をもうひとつ。こちらもおすすめです。

関連記事

※hakobura 2010/9/1公開 2015/10 更新


八幡坂
エリア ベイエリア
所在地 函館市末広町
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333
アクセス 市電 「末広町」電停 下車  徒歩1分
駐車場 有(函館市元町観光駐車場(1時間200円))
GoogleMapで大きなマップを開く
眺望がいい、歴史好きに、市電から徒歩5分以内