あなたのテーマでディープな函館 「桜」

春の絶景ナンバーワン、五稜郭公園の桜三昧

160427LAPIS.jpg

2016年、大手旅行会社調査の「この春に行きたい! 国内の春の絶景ランキング」で、五稜郭公園の桜が1位に選ばれました。隣接する五稜郭タワーからの堀を縁取る桜の眺めは、圧巻の美しさ。桜の花の下、堀の周囲を散策したり、にぎやかにお花見するのもおすすめです。五稜郭の桜、とことんお楽しみください。
(五稜郭タワー展望台から見た、春の五稜郭公園。撮影/Lapis


◆まずは動画でワクワクを体感

五稜郭公園の桜の魅力は、花の下から、横から、上から、ワイドに楽しめること。2016年春に撮影したオリジナル動画をどうぞご覧ください。



◆五稜郭タワーにはぜひ上りたい

160503M02.JPG
国の特別史跡・五稜郭跡の全体を眺めるために造られた五稜郭タワー。エレベーターで上った高さ約90メートルの展望台は、360度ガラス張りで、見事な眺望が楽しめます。

160503M01.JPG
五稜郭の星形が淡いピンク色に包まれる光景には、思わず歓声が上がるほど。中央に建つのは箱館奉行所です。

160503M03.JPG
堀の周囲を散策する人、ゆっくり進む手漕ぎボートなど、公園内の様子が手に取るようにわかります。お花見の前に展望台に上るか、展望してからお花見するか、お好みでどうぞ。

160503M26.JPG
展望台や1階の売店では、この時期限定の桜ソフトも売っています。桜を眺めながら味わうと、気分は最高!


◆堀の周りをゆっくり散策

160503M05.JPG
五稜郭公園は、堀の外周が約1800メートルの遊歩道になっています。お堀と桜を両手に見ながら、散策してみましょう。五稜郭タワーのわきにはこの時期、こいのぼりが泳いでいるのも見られます。

160503M06.JPG
五稜郭タワー近くの正面入り口から入って、左回りに歩きはじめると、左手に六花亭 五稜郭店が見えてきます。大きなガラス窓が光を反射するためか、ここの桜は、五稜郭で最初に開花し、満開になることで話題です。

160503Y07s.jpg
遊歩道からわきに入って、桜の下でひとやすみするのもいいですね。ところどころにベンチもあります。

160503M27.JPG
五稜郭タワーの斜め前には、函館の人気ご当地バーガー、ラッキーピエロの五稜郭公園前店があるので、散策前にハンバーガーを買って、お花見しながら食べるのもおすすめ。

160503M28.JPG
また、遊歩道を六花亭からもう少し進んだところにあるカフェ、自家焙煎コーヒー ピーベリーでは、お茶を飲みながらゆったりお花見できます。


◆堀の内側の土手にも、ぜひ上ってみて

160503M08.JPG
公園の正面入り口から右手に見える一の橋から、二の橋を渡って、郭内に入ると、ぐるりと築かれた土塁(土手)に上がる階段があちこちに見られます。ぜひ上ってみましょう!

160503M04.JPG
どこを歩くかというと、堀から内側に一段上がった土手。左に見える堀の外側とは、ひと味違った光景が見られます。

160503M09.JPG
土手の上は、未舗装ではありますが、歩きやすい遊歩道になっています。郭内の桜と堀端の桜を左右に見ながら歩く道は、鳥の声も近くに聞こえたりして、とてものどか。

160503M10.JPG
目の高さに桜の木が広がる様子は、まるで桜の海のよう。桃源郷ならぬ「桜源郷」という言葉がぴったりきそうです。


◆公園の中央にある箱館奉行所もチェック

160503M11.JPG
五稜郭の中央には、江戸末期にここに建てられた箱館奉行所が復元されています。中も見学できるので、ぜひ入館してみましょう。五稜郭公園の桜はソメイヨシノがほとんどですが、箱館奉行所の周囲には、シダレザクラやヤマザクラなども植えられています。

160503M12.JPG
シダレザクラは遅咲きの種類なので、ソメイヨシノが終わったあとも、長く楽しめます。


◆手漕ぎボートで、水の上からお花見

160503M18.JPG
五稜郭公園には手漕ぎの貸しボートがあり、お花見の時期に大人気です。

160503A17.JPG
堀は一周1.5キロほど。30~40分で一周してもよし、乗り場近くでゆっくりと進みながら、水の上でのお花見を楽しむのもいいでしょう。下から眺める桜の景色も新鮮です。


◆桜の下でジンギスカン、手ぶらセットも

160503M13.JPG
桜の下でジンギスカンを楽しむのは、北海道流のお花見の定番。花見期間中は、決められた場所で火を使うことができます。手ぶらお花見プランを利用すれば、旅行中のかたでも手軽に体験可能です。

160503M25.JPG
ラム肉と野菜、たれのほか、シート、コンロとボンベ、鍋、皿と箸などのフルパッケージ。持参の山菜(アイヌネギ)を一緒に焼いて食べるのが、函館市民のお気に入りです。

160503M14.JPG
昼間だけでなく、夜もジンギスカンを楽しむ人が多く見られ、にぎやかな声が聞こえてきます。


◆五稜郭タワーのアトリウムでひと休み

160503M19.JPG
五稜郭タワー1階のアトリウムは、天井の一部と壁面の大半がガラス張りの開放的な空間。公園に隣接しているため、ガラスのすぐ外は桜、室内でもゆっくりお花見が楽しめます。

160503M21.JPG
アトリウムにあるフードスタンドFood&Drink 107では、パンやドリンク、ソフトクリームがテイクアウトできます。花見期間中は、桜ソフトが大人気。

160503M20.JPG
売店では、期間限定のさくらコーナーも登場。魅力的な雑貨がいろいろそろっています。


◆ロマンチックな夜桜見物

160503M16.JPG
花見期間中、平日は9時まで、土日祝日は10時まで、五稜郭タワー周辺で夜桜電飾が行われます。タワーもライトアップされ、昼間とはまた違った風景に。

160503M15.JPG
正面入り口から右側の堀沿いにも、ちょうちんが張り巡らされて、遊歩道はロマンチックな雰囲気。少し歩いてみたり、ベンチで夜桜を楽しんだりできます。


◆シーズン終盤の花吹雪と花筏も見もの

160503M22.JPG
満開から1週間前後で、桜は散りはじめます。花が風に吹かれて舞う花吹雪は、この時期ならではのお楽しみ。なかなか風流なものです。

160503M23.JPG
花のじゅうたんの上でピクニックもおしゃれ。

160506Y01.JPG
青森県の弘前公園でも話題の花筏(はないかだ)。散った花びらが水面を覆い、イチゴミルクみたいなピンク色が堀を彩ります(裏門橋の東で撮影)。

160506Y02.JPG五稜郭公園のお花見は、例年4月下旬から5月中旬まで。日本一の春の絶景を眺めに、ぜひ函館にお越しください。


⇒その他のお花見スポット特集はこちら


※編集室M(一部写真撮影/編集室A、編集室SY) 
2016/4/26~5/6取材(一部写真は過去シーズンのもの)、5/4公開、5/6更新