スポットを探す 観光 「坂」

チャチャ登り

チャチャのぼり


「チャチャ」とは「おじいさん」の意。あまりにも急な坂で誰もが腰を曲げて登ることから名付けられたそう。登り切って振り返ると函館らしい絶景を拝むことができる。

沖縄の方に「チャッチャーぐぁ」と言われたりする。「チャッチャー」は気のいいおじさんというか、ふらふらして冗談ばっかり言ってる面白いおっちゃんという感じらしい。

そんなことを思い出しながら、函館山の麓、チャチャ登りと呼ばれる坂を歩いて上っていた。「アイヌ語でおじいさんが腰を屈めて歩く様」と案内にあるとおり、勾配が急な坂を登ると前のめりで腰が曲がりそう。

大三坂の途中には蕎麦屋「久留葉」、少し進んで右手にカトリック元町教会がある。さらに進んだ奥の坂が、「チャチャ登り」。道幅は車一台通れるほどの狭い石畳。英国の国教会系のモダンな建物、真上からみると十字だとわかる聖ヨハネ教会が見える。そして、白い壁と王冠のような形で緑青の美しいハリストス正教会が見えてくる。ちょっと鳥肌がたつくらい美しい。

宗派の違う三つの教会が、隣り合って立っている。欧米ではこんなことはあり得ないだろうなと思う。どの宗派も、日本での布教に困難を極めた時代があっただろう。近代の日本に、料理や生活様式、道徳観など少なからず影響を与えただろう。新島襄が、アメリカに渡るきっかけを作ったり、日本人が学ぶ窓口となった場所だ。

チャチャ登りを上りきって振り返ると、三つの教会とその奥に港が見える函館の奇跡のような風景が。ぜひ登っていただきたい。

※hakobura 2010/8/1公開 2015/10 更新


チャチャ登り
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市元町
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333
アクセス 市電「十字街」電停下車 徒歩10分
駐車場 有(函館市元町観光駐車場 1時間200円)
GoogleMapで大きなマップを開く
眺望がいい、歴史好きに


このページのトップへこのページのトップへ