トップに戻る

スポット情報 グルメ 「そば・うどん」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

蕎麦蔵

そばくら


会津産そば粉を使った十割そばが味わえ、鴨せいろが人気。数量限定のため事前予約が望ましい。西部地区(弥生町)大正湯向かい。「ミシュランガイド北海道2017特別版」掲載店。

市電「函館どつく前」電停から徒歩5分、船見坂を上って左手、大正湯の向かい側。どっしりとした黒塗りの蔵が目印の「蕎麦蔵」、こちらのおすすめは「鴨せいろ(1600円+税)」です。
 
毎朝ご夫婦の共同作業で打つ、会津産のそば粉を100%使った手打ち蕎麦は、十割蕎麦とは思えないほど、なめらかな艶とこしがあって美味。その秘密は、蕎麦殻はいっさい使わず、白い部分だけを使っているため。一度炙り焼きした鴨と、その油で炒めたネギを入れた濃いめで甘口の鴨汁との相性も抜群。蕎麦や鴨など、1日に用意できる数に限りがあるので、行く前に電話で予約した方がいいそうです。
 
ご主人の仕事の関係で会津に転勤になった際、地元のかたから蕎麦打ちを教わったという奥様。以前、料理学校で教師をしていた経験もあり、月替わりで提供している蕎麦やお酒に合う一品料理(420円+税)も、素材にこだわり、ひと工夫されていて人気があります。会津地方では、蕎麦を食べた後、あんころもちを食べることが多く、北斗市産の餅米と厚沢部町産の小豆を使ったあんころもち(500円+税)なども手作りしているそうです。
 
明治時代に建てられた家屋を改装した店内は、歴史の重みを感じさせます。季節ごとにディスプレイを替えたり、料理を盛りつける器にもこだわるなど、料理以外にも楽しめるところがたくさんあり、ちょっと贅沢な気分になれる店です。「ミシュランガイド北海道2017特別版」掲載店。 

※hakobura 2009/2/27公開 2019/12 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
蕎麦蔵
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市弥生町23-5  Googleマップで開く
電話番号 0138-22-8505
営業時間 11:30~売り切れ次第終了
定休日 水曜日・木曜日
アクセス 市電 「函館どつく前」電停 下車 徒歩5分
駐車場 なし
喫煙 不可
個室、小上がり、ランチタイムに営業、全面禁煙、市電から徒歩5分以内、お子様歓迎、明治・大正の建物


国際ホテル
竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館Web物産展PLUSα
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中