トップに戻る

スポット情報 グルメ 「そば・うどん」

そば処 えびす庵本店

そばどころ えびすあんほんてん


三代目の店主が手がけるそば、丼物は昔ながらの味わいで人気。「スープカレーせいろ」が話題に。冬は鍋焼きうどんもおすすめ。

市電「五稜郭公園前」電停から徒歩1分のところに、1923(大正12)年創業の老舗そば処「えびす庵本店」があります。京をイメージした店内の造りは、お正月や桃の節句、五月の節句などにディスプレイが一新。おかみさんが日本人形のコレクターで、時節に合わせた飾りつけを毎年楽しんでいるそうです。
 
おすすめの蕎麦は、「スープカレーせいろ(税込1000円)」。ベースとなるめんつゆに、カレー粉と数種のスパイスを独自にブレンドし、色鮮やかな9種の野菜と鶏肉、ゆで卵が盛りつけられています。スープはめんつゆの風味とコクがしっかりと味わえ、香り高いスパイスが舌を刺激。口の中がホットになってきたら、冷たい蕎麦をスープに浸してすすると、口の中がひんやりと調和されます。スープの辛さとひんやりとした蕎麦のギャップがやみつきに。
 
めんつゆは、もりそば用とかけそば用に作り分けているそうです。かえしはマルキン醤油にザラメとみりんを加えます。上白糖ではなくザラメを使うことで、コクの深い甘みが出るとか。もりそば用のだしは鰹節と真昆布が主、かけそば用のだしはサバ節とイワシ節、ソウダガツオで調整しているとのことです。
 
3代目となる店主のこだわりは、添加物を使わず、体にやさしい蕎麦を作りつづけること。また、チャレンジ精神が旺盛で、毎年3~4種の新メニューを開発しています。お客さんに評判がよければ定番メニューに加わるそう。スープカレーせいろも、お客さんに育てられ、定番メニューになりました。うどんやそうめんでの注文も可。また鶏肉を豚肉に替えることもできます。

※hakobura 2009/2/28公開 2019/11 更新


そば処 えびす庵本店
エリア 五稜郭エリア エリア区分について
所在地 函館市本町7-14  Googleマップで開く
電話番号 0138-51-2992
営業時間 平日11:00~19:00、土曜日11:00~17:00、日祝11:00~14:00
定休日 不定休
アクセス 市電 「五稜郭公園前」電停 下車 徒歩1分
駐車場 あり(契約駐車場(秋葉パーキング)、1000円以上の食事で1時間無料)
喫煙
小上がり、ランチタイムに営業、ディナータイムに営業、喫煙OK、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、お子様歓迎、Wi‐Fi(Softbank)、英語メニュー、中国語メニュー、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、モバイル決済(AliPay)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中