トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

茶房 旧茶屋亭

さぼう きゅうちゃやてい


大正ロマンただようサロンのような、ゆったりとした時間が流れる茶房。明治末期の建物に、当時の人がハイカラを気取って嗜んでいた飲み物とお菓子を再現したメニューが特徴。

明治末期に海産商・近藤商会として建てられた店舗と居室をリニューアルさせて、1992年にオープンした旧茶屋亭は、その後伝統的建造物に指定された、函館の典型的な和洋折衷建築物。リニューアルといっても、明治・大正当時を思わせる店内の装飾と調度品を見ると、元々そうであったかのように感じられます。
 
当時を彷彿とさせるものは、店内だけではありません。まるでハイカラな函館の人々が楽しんでいたような飲み物とお菓子を目のあたりにすると、現代の洋服を着ている自分が、時代を間違えて迷い込んだような気持ちになります。実際、「袴を着てお茶を飲みたい」と言ったお客さんもいたそうです。
 
ハイカラといっても、やはり日本人。茶道を嗜む店主が心を込めて作った抹茶には、思わず「はぁ~」と心地よい溜息が出ます。かぼちゃのお汁粉は、上品な程よい甘さで飽きがきません。シャーベットは巨峰の味を凝縮したような美味。
 
そして、今では非常に珍しくなった昔ながらの固めのプリン。近年の滑らかさを出すために失われた深いこくを再現してくれています。写真の白いソースはアングレーズソースというもので、小麦粉を使わず砂糖と牛乳と卵だけで作ったもの。一度食べたお客さんが、このプリンが食べたいがために、セットごと再注文したこともあるそうです。珈琲は3年間熟成した特別な豆を使用。この豆に出会えて、やっと珈琲をメニューに加えたとのことです。
 
飲物セットは、シフォンケーキ、プリン、和菓子から1品を選ぶことができ、シャーベットがついて、抹茶セット・珈琲セットとも税込1100円。飲み物は単品でも注文することができます。3年間熟成珈琲は税込650円、抹茶 税込690円、煎茶は税込750円。セットのお菓子は季節によって変わることもあります。ベイエリアや元町を歩き疲れてゆったりと休息したい時、旧茶屋亭の心のこもったおもてなしと美味しい飲み物は、心までも癒してくれるはずです。

※記者J 2010/12/29公開 2018/10 更新


茶房 旧茶屋亭
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市末広町14-28  Googleマップで開く
電話番号 0138-22-4418
営業時間 11:30~17:00
定休日 木曜日
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩2分
駐車場 無料駐車場あり(4~5台)
喫煙 分煙(連休など混雑時は全面禁煙)
関連リンク 茶房 旧茶屋亭
ランチタイムに営業、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、明治・大正の建物、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、英語メニュー


函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
国際ホテル
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
万惣
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト