トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

箱館 元町珈琲店

はこだて もとまちコーヒーてん


ほとんどの旅行者が立ち寄る、函館で最も人気のある坂・八幡坂。その中ほどにある、珈琲にこだわった落ち着いた店。自家焙煎の味を楽しめる。

観光客はもちろん函館市民も憧れる場所、函館元町の、それも最も人気の高い八幡坂に2013年4月にオープンした店。「珈琲店をやるなら元町以外に考えられない」とこだわり続けて、やっと見つけた場所で営業を開始しました。
 
店内は、木材の素地そのままで造作された内装の部分がかなりありますが、これは、5年後くらいに焙煎で発生する煙や時間の経過で木材が程よく黒ずむことを想定してのもの。「早くそうなってほしい」と、時間が経つのを店主さんは楽しみにしています。
 
メインの珈琲は、Bitter、Mild、Lightの3種類(税込各500円)。いずれも豆は25gですが、BitterとMildは100ccと120cc、Lightは150ccと200ccから選ぶことができ、好みによって、あるいはその時の気分によって味をチョイスできるところが、本格派であるところです。また、コーヒーカップも自ら収集したもので、すべて異なるものを使用。何回訪れても違うカップで飲むことができます。珈琲以外にちょっと口にしたいという方には、カボチャのケーキ(税込400円)がおすすめ。カボチャを入れたパウンドではなく、カボチャそのものがつまっていて、小さいながらにボリュームを感じさせます。また、珈琲が苦手という方にはティーも用意されています。

開業前から珈琲の勉強に力を注ぎ、本格的な珈琲店にしたいという夢を持ち続けていた女性店主。豆は生豆から毎日焙煎したものを使用。お客さんのいないときや営業時間外には、一粒一粒生豆の状態をチェックして選別し、自らが納得して初めて焙煎するという手の込みようです。「カビのある豆を煎って、それで珈琲をおとしてしまうと、味が全く変わるんです」との店主さんの言葉からは、個人経営だからこそ高品質のものを提供したいという強い思いが伝わってきます。
 
元町の素敵な街並を散歩したあと、ジャズが控えめに流れる本格的な珈琲店に足を踏み入れてみると、そこには元町に恋した店主さんがあなたの身も心も休めてくれることでしょう。それもまた旅の楽しさと思い出となるものです。

※記者J 2013/7/10取材、7/17公開 2018/11 更新


箱館 元町珈琲店
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市元町31-11  Googleマップで開く
電話番号 0138-83-1234
営業時間 10:00~18:00(冬期平日は10:00から)
定休日 火曜日
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩7分
駐車場 無料駐車場あり(7台)
喫煙 分煙
ランチタイムに営業、喫煙OK、無料駐車場、テイクアウトOK、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、Wi‐Fi(その他)、英語メニュー


函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
株式会社前側建設
近畿日本ツーリスト
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
笑
万惣
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中