トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

まるたま小屋

まるたまごや


聖ヨハネ教会並びにある、素朴な古民家をリノベーションしたカフェ。焼きピロシキやボルシチが味わえる。マトリョーシカをモチーフにした作品などの販売も。

まるたま小屋は、聖ヨハネ教会から数軒隣り、向かいには元町配水場の緑が広がる場所にあります。築80年の民家をリノベーションし、2015年4月にオープンしました。内装はロシアの人たちが週末を過ごすダーチャという東屋をイメージし、函館在住の空間アーティストの協力により実現したのだそうです。
 
看板メニュー「ボルシチセット(税込750円~)」を注文してみました。ボルシチと、選べる焼きピロシキのセットです。
 
濃い紅色のボルシチ(単品税込600円)は、豚肉の出汁に、函館近郊産の野菜を入れて煮込み、下ごしらえしたビーツ(カブのような形の真っ赤な根野菜)を加えて、塩のみで味付け。いろいろな素材が調和して、コクが出ています。ピロシキ(単品税込200~300円)は、「ロシアでは、揚げたものより焼くのがスタンダード」とこだわった本格派。エゾエゾピロシキは、エゾシカ肉とエゾまいたけを使い、ふっくらと弾力のある生地で、懐かしくほっとする味。子どもにも人気があります。

ピロシキの種類は豊富で、多い日は9種類にも。エゾエゾピロシキのほか、ミートエッグ、スパイシートマトラム、チキンきのこ、鮭クリームチーズ、塩バターりんご、まるたまクリーム、あんバター、季節の日替わりなど。テイクアウト用に販売もしているので、冷めてもおいしいレシピが工夫されています。

店内では、マトリョーシカをモチーフとした地元の作家とのコラボ作品や、羊毛雑貨、ウクライナの雑貨なども販売されています。白い木のぬくもりがあるインテリアに、かわいらしい雑貨が並び、地域のコミュニティスペースのようなホッとできる空間になっています。

※記者S 2015/5/9取材、5/14公開 2018/10 更新


まるたま小屋
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市元町2-3  Googleマップで開く
電話番号 0138-76-3749
営業時間 11:00~18:00
定休日 火・水曜日、臨時休業あり
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩10分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
喫煙 不可
Facebook まるたま小屋
ランチタイムに営業、全面禁煙、お子様歓迎、テイクアウトOK、眺望がいい、地元の味が楽しめる、英語メニュー

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中