トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

丸山園茶舗 お茶の多目的空間 御茶ノ倉

まるやまえんちゃほ おちゃのたもくてきくうかん おちゃのくら


昭和初期に建てられたお茶屋さんの蔵を活用したスペースで、自分で抹茶を点てる体験ができる。函館で生まれた珍しいアイスを使ったオリジナル和スイーツもおすすめ。

丸山園茶舗は、函館で長年にわたって市民に親しまれているお茶屋さん。ここ「御茶ノ倉」は、昭和初期に建てられた茶葉を保管する倉庫を改装した店です。全国各地のお茶どころから取り寄せた銘茶を小売販売しているほか、店の一角で抹茶や和スイーツを味わうことができます。
 
「お抹茶セット(税込500円)」を注文すると、1杯分の抹茶とお湯、茶碗などがお盆に載って席に運ばれてきます。店員さんが丁寧に教えてくれるので、自分で抹茶を点ててみましょう。粉をお湯で溶いてかき混ぜるだけ......と思われがちですが、ここでは、お茶を点てる前に茶こしを使って抹茶のダマをなくし、さらさらのパウダー状にする工程も体験できます。抹茶は粒子が細かくて静電気などで固まりやすいため、普段私たちが見慣れているきめ細かい抹茶は、このようなふるいに掛ける作業を行った後の姿だそうです。実際に体験してみると、なんだか物知りになった気分になれます。自分で点てたお茶は、抹茶らしいほどよい苦味とともに、ほんのりと甘みが広がる上品な味わい。抹茶を飲みなれていない子どもや外国のかたなどにも楽しんでもらえるよう、飲みやすい上質な抹茶を厳選して使用しています。一度に4~5人までならスムーズに体験できますが、団体(最大8名程度)の場合は事前にご連絡を。
 
ここでしか食べられない和スイーツ「クルマバソウあいす抹茶(税込500円)」もぜひ味わいたい一品。函館近郊に自生するハーブの一種「クルマバソウ」で香りづけしたアイスクリームに温かい抹茶を注いだ、いわば日本版アフォガード(イタリアのデザート)です。アイスクリームは、もっちりした食感とさわやかな風味、さっぱりとした後味が特徴の「クルンバッソアイス」を使用。濃い茶仕立てのとろりとした抹茶が舌の上でアイスと溶け合い、甘みと苦みが極上のハーモニーを奏でます。ほんのり塩味の「あられ玄米」が添えてありますので、舌休めにどうぞ。
 
店内には大きな茶壷や茶釜、年代物の焙煎機などが置かれ、お茶屋さんならではの雰囲気たっぷり。2階部分は現在も茶葉の倉庫として使われており、入出荷の際に使用するベルトコンベアが2階から店の真ん中まですべり台のように設置されているのもユニーク。昭和レトロな空間で、茶葉を知り尽くしたお茶屋さんならではの抹茶と抹茶スイーツを心ゆくまで楽しみましょう。

※記者K 2015/6/5取材、6/12公開 2019/6 更新


丸山園茶舗 お茶の多目的空間 御茶ノ倉
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市末広町2-2  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-3785
営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩4分
駐車場 無料駐車場あり(10台)
喫煙 不可
ランチタイムに営業、全面禁煙、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、地元の味が楽しめる、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
JTB
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
国際ホテル
はこだて亭
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
広告募集中