トップに戻る

スポット情報 グルメ 「ジンギスカン」

函館グルメジンギスカン ラムジン

はこだてグルメジンギスカン ラムジン


JR函館駅にほど近い屋台村・大門横丁にあるジンギスカン専門店。コの字型のカウンターに並んだ七輪の炭火で特上ラムや味わい深いマトンを焼きつつ、クラフトビールで乾杯。

函館駅前の繁華街・大門地区にある屋台村、大門横丁に店を構えるジンギスカン専門店。屋台村と言ってもテントや吹きさらしではなく、小さな建物が軒を連ねる方式なので、雨の日や冬場でも安心です。
 
店内はコの字型のカウンター席のみ。各席の目の前には、ジンギスカン鍋をのせた七輪がすでに用意されています。一番人気は、くせがなくて食べやすい特上ラム肉と野菜盛り合わせをセットにした「生ラム 特上肩ロースセット(税込2380円)」。ラム肉を食べ慣れている人には、表面をサッと焼き、中はまだ少し赤みが残るくらいのミディアムで味わうのがおすすめとのこと。火力が強い七輪の炭火と、厚みのある南部鉄器のジンギスカン鍋との効果により、肉に旨みや肉汁を閉じ込めたまま、表面だけを香ばしく焼くことができます。野菜も水分が出ないので、パリッとおいしく焼けます。
 
地元客には、羊ならではのコクと旨みが感じられる成羊の肉(マトン肉)を使った「味付けマトンロースセット(税込1880円)」も人気。一時は「クセがある」「固い」と敬遠されたマトン肉ですが、こちらで提供している上質なマトンロースはくさみもなく、とても柔らか。その分、マトンならではの味わい深さを存分に楽しむことができます。
 
輪切りにした丸い成形肉(ラムロール)を焼く「なつかしラムスライスセット(税込1780円)」も注目したいメニュー。一般的なラムロールは、ラム肉の原産国(オーストラリアやニュージーランド)であらかじめ棒状に成形されてから輸入されますが、こちらのラムロールは、地元の肉屋さんが選りすぐったおいしい肉だけを集めて成形したもの。昔はジンギスカンといえばラムロールしかなかったこともあり、北海道内のお客さんには懐かしい味として人気があります。「ジンギスカンらしい風味が一番楽しめるのは、このロール肉かもしれませんね」とのこと。
 
ジンギスカンのお供は、人気のクラフトビール「大沼ビール」がおすすめ。ちよっと珍しい「ラムソーセージ(2本税込480円)」や「じゃがバター(税込480円)」、大根やキャベツなどを身欠きニシンとともに麹で漬けた北海道の伝統漬物「ニシン漬け(税込380円)」などのサイドメニューもあり、1軒目にもよし、締めの1軒にもよしの店です。

※記者K 2016/11/7取材 2016/12/25公開 2018/10 更新


函館グルメジンギスカン ラムジン
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市松風町7 大門横丁内  Googleマップで開く
電話番号 090-5223-0837  ※カーナビ検索には使えません
営業時間 18:00~23:00(LO22:00)
定休日 木曜日
アクセス 市電 「函館駅前」電停 下車 徒歩4分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
喫煙
関連リンク 函館グルメジンギスカン ラムジン
ディナータイムに営業、喫煙OK、市電から徒歩5分以内、地元の味が楽しめる

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品