トップに戻る

スポット情報 体験 「競馬・競輪」

函館競輪場

はこだてけいりんじょう


日本最北の競輪場として1950年に開設、日本で初めてナイター競走を採用した。冬季はバンクに氷を張り、市民が憩うスケート場として活用されている。

一般の人が自転車を目一杯こいだところで、スピードは時速30キロがせいぜいですが、五輪の正式種目に採用されているスポーツ「競輪」で、選手が繰り出す最高時速は、なんと70キロに達します。国内最北かつ北海道内唯一のバンクである函館競輪場は、開催日のほとんどがナイターでのレース。明るくライトアップされたバンクでの、全身を鍛え上げたアスリート同士による激しい攻防は、肉弾戦と呼ぶにふさわしく、間近で見ると、スピード感あふれる迫力に圧倒されるに違いありません。
 
1950(昭和25)年、全国47番目に開設された函館競輪場は、津軽海峡から吹く風を肌で感じ取れる、湯の川温泉街にほど近い場所に位置します。全国に先駆けて1998(平成10)年に始まった函館のナイター競輪は、「スターライトレース」の愛称で親しまれ、勤め帰りのサラリーマンも立ち寄るナイトスポットとなっています。鉄骨造り5階建てのメインスタンドを有する現在の競輪場は、2003(平成15)年4月にグランドオープンした、清潔感あふれる広大な空間です。
 
1つのレースは、基本的に9人の選手が出場し、1周400メートルの函館競輪場では5周で行われます。スタートしてからしばらくは、出身地や年代などでチームを組んで並ぶ「ライン」で、隊列を組むように走行。しかし、残り1周半を知らせる鐘が鳴らされる前後、それまでの静寂が解き放たれたかのようにペースは一気に上がり、選手間のかけ引きがヒートアップ。集団はトップスピードでゴールへとなだれ込んでいきます。

観戦する際は、独特の臨場感を味わうならバンク脇。車輪の回転する音にとどまらず、選手の息づかいすら聞こえてくるほどの近さです。2階の一般観覧席はガラス越しでの観戦。また、リッチな気分にひたるなら、3階の特別観覧席や4階のロイヤル席のテーブルつきのゆったりシート(有料)で、バンク一円を眺めることができます。
ロイヤル室貸し切りの「観戦宴会パック」で、オードブルや寿司盛、ビールサーバーのオーダーも可能です(有料)。詳細はお問い合わせを。

※hakobura 2010/6/8公開 2019/9 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業時間変更の場合があります
函館競輪場
エリア 五稜郭エリア エリア区分について
所在地 函館市金堀町10-8  Googleマップで開く
問合せ先 函館市役所 競輪事業部 事業課
電話番号 0138-51-3121
アクセス 函館駅前7番乗り場から、りんりんバス(無料)を運行。※運行予定は函館けいりんHPを確認 
駐車場 無料駐車場あり(583台)
関連リンク 函館けいりん
Facebook りんりん / 函館競輪
無料で入れる施設、お子様歓迎、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、無料Wi-Fi、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、Wi‐Fi(その他)、中国語看板


函館タクシー
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
国際ホテル
竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
広告募集中