トップに戻る

スポット情報 体験 「体験観光」

道南トロッコ鉄道

どうなんトロッコてつどう


廃線となったJR線の線路の一部を活用し、トロッコ乗車体験ができる施設。動力付きトロッコ1両と足こぎトロッコ2両の編成で運行し、ゆっくりと景色が楽しめる。

道南トロッコ鉄道は、函館の南西方向、北海道新幹線駅のある木古内町の体験施設です。2014(平成26)年5月に廃線となったJR江差線の木古内~江差間の線路を生かしたいという思いから、地域団体「北海道夢れいる倶楽部」の手によって運営されています。
 
乗り場は木古内町郷土資料館(いかりん館)近く、旧江差線・渡島鶴岡駅の跡地。当時、駅の待合室だった建物が、トロッコ乗車の切符売り場に生まれ変わりました。切符は硬い厚紙で作られた乗車券(硬券)で、昔ながらの改札鋏を入れてもらって乗車します。トロッコは、行きは、スタッフが運転する「動力付きトロッコ」がアシストし、3両編成で乗り場から山側の「キーコの郷」駅まで進みます。そして、帰りは、動力付きアシストの「急行便」1両と、乗り手自身で自転車のようにこいで動かす「快速便(足こぎトロッコ)」2両とに分かれて、乗り場まで戻ります。

コースの途中にある禅燈寺は、お寺の境内(山門と本堂の間)を江差線の列車が走っていたという珍しいスポットです。トロッコに乗っていると、風が心地よく感じられ、ゆったりとした空気に包まれます。また、線路と線路のつなぎ目のところを走ると、ガタンゴトンという音と振動がダイレクトに感じられるのもトロッコ鉄道ならでは。
 
2018年度の運行は、4月下旬から10月下旬の土曜日、日曜日、祝日(大型連休と夏休みには平日も)。雨天、悪天候時は運休となりますので、事前に電話で問い合わせることをおすすめします。また、料金は、乗車人数によって異なります。
 
乗り場近くの木古内町郷土資料館では、木古内町のサラキ岬沖で座礁・沈没した幕末の軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」のものと思われる碇(いかり)をはじめ、旧江差線や鉄道に関する資料も展示しているので、乗車の後に見学してみてはいかがでしょうか。

※記者TT 2016/4/24取材、4/30公開 2018/07 更新


道南トロッコ鉄道
エリア みなみ北海道エリア エリア区分について
所在地 北海道上磯郡木古内町字鶴岡  Googleマップで開く
問合せ先 北海道夢れいる倶楽部
電話番号 070-2422-1006
営業時間 [運行]10:07~15:27(※但し、9:47、15:47に臨時便を運行する場合があります) [受付]10:00~15:20(※臨時便を運行する場合は変更となります)
定休日 月~金曜日、悪天候時。冬期休業
料金 大人700円、小児400円(1両利用の最低料金は大人2名分から。小児2名で大人1名分)詳細は関連リンク参照
アクセス JR木古内駅から車で約5分 
駐車場 無料駐車場あり(50台。木古内町郷土資料館、鶴岡公園)
関連リンク 道南トロッコ鉄道
Facebook 北海道夢れいる倶楽部
体験メニュー(予約不要)、眺望がいい、自然が豊か、お子様歓迎、無料駐車場

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


はこだて亭
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タナベ食品
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
広告募集中