トップに戻る

スポット情報 体験 「乗り物」

ながまれ号(道南いさりび鉄道)

ながまれごう(どうなんいさりびてつどう)


普段は函館駅を起点に五稜郭から上磯・木古内方面を結ぶ普通列車として運行。団体旅行用の特別列車として運行時には、車内に大型テーブルなどが設置され、食事と車窓が楽しめる。

北海道新幹線の開業に伴って、JR北海道から分離された江差線(五稜郭~木古内)を引き継いでスタートしたのが「道南いさりび鉄道」。その中で人気を集めているのが、気動車を改装したカラフルな特別車両「地域情報発信列車 ながまれ号」です。北海道新幹線の開業日と同じ、2016年3月26日から運行が開始されました。

「ながまれ」とは、みなみ北海道の方言で「ゆっくりして」「のんびりして」という意味。車体は濃紺色(トワイライト・ネイビーブルー)で、刻々と移りゆく夕暮れの空を彷彿とさせる色合いに、車窓から見える水平線と函館山の姿を模したキャラクターライン、沿線の街灯と船の「いさりび」を模した水玉模様、そして空に瞬く星々が散りばめられています。また、ながまれ号のロゴマークには翼を広げて海上を舞うカモメがアレンジされています。

団体列車として運行される際には、地元で伐採された樹齢60~80年の道南スギを使って作られた折り畳み式の大型テーブルと、取り外し式のヘッドレストが取り付けられて、車窓を眺めながら、沿線で採れた食材を使った料理を楽しめる観光列車となります(要問い合わせ)。

普段はテーブルとヘッドレストを外して、JR北海道カラーのままの車両とともに、JR函館駅から五稜郭駅を経て、上磯や木古内を結ぶ普通列車として運行されているので、手軽に乗車することが可能。運行ダイヤや編成に関する情報は、道南いさりび鉄道のホームページで確認することができます。2両ある「ながまれ号」は、単独ないし2両連結で運行されたり、普通車両と連結されることも。春から初夏にかけて沿線に一斉に咲く花々をイメージした「山吹色」をはじめ、オリジナルカラーの塗装車両もあります。

道南いさりび鉄道は、車窓からの津軽海峡や函館山の眺めが楽しめるローカル線として注目を集めています。函館を中心としたワイドな旅に利用してみてはいかがですか。

関連記事
 北海道新幹線・木古内駅、途中下車の旅

※記者X 2016/3/26取材、9/29公開 2018/12 更新


ながまれ号(道南いさりび鉄道)
問合せ先 道南いさりび鉄道
電話番号 0138-83-1977
営業時間 6:19(始発)~23:25(終発)※函館駅の場合
料金 大人片道運賃300円(七重浜まで)~1110円(木古内まで)
アクセス JR函館駅起点 
関連リンク 道南いさりび鉄道
Facebook 道南いさりび鉄道株式会社
体験メニュー(要予約)、眺望がいい

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品