トップに戻る

スポット情報 温泉 「近郊温泉」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

北斗市健康センター せせらぎ温泉

ほくとしけんこうセンター せせらぎおんせん


函館市街から車で約30分。大野川沿いに面し、川のせせらぎを聞きながらゆったりと入れる市営の日帰り温泉施設。気軽に入れる料金も魅力。

北斗市健康センターせせらぎ温泉は、函館市街から車で約30分、函館市からお隣・北斗市にかけて広がる大野平野の中心部にある、大野川に面した北斗市営の日帰り温泉施設です。館内はバリアフリーに対応。施設入口や内玄関、脱衣所の入口には緩やかなスロープがついていたり、内風呂・露天風呂の浴槽や廊下、トイレなどに手すりが設置されていて、年配のかたや足の不自由なかたなども安心して入浴できるように配慮されています。大人の入浴料金が函館や近郊地域内では安め(350円)で、源泉掛け流し(温度調整の加水のみ)の温泉を楽しめるのも嬉しいところです。
 
露天風呂は屋根がついていて、どんな天気の日でも落ち着いて入浴できるようになっています。大浴場は、天井が高く、ゆったり広々。42℃の高温浴槽と40℃低温浴槽の2つがあり、無色透明のさらりとしたお湯で、身体の芯まで温まります。お湯を毎日入れ替えて清掃されているので、気持ちよく入れます。また、泡風呂や打たせ湯、サウナ、水風呂などもあるので、自分に合った入浴方法で温泉を楽しめるようになっているのも特徴です。10月下旬ごろには、北斗市特産の果実・マルメロを湯船に浮かべた「マルメロ風呂」が登場。マルメロの甘い香りがほのかに漂い、身も心も癒されます。また、12月の冬至の「ゆず湯」、他の月には「ヒバ湯」などの変わり湯を提供しています。
 
入浴後は、80畳ある研修室(和室)でゆっくりと体を休めたり、食事処「軽食ルシェロ」で気軽に食事をとるのもいいでしょう。そば、丼物、一品料理、ソフトクリームなどがあるので、ちょっとお腹がすいたなあというときに便利です。
 
温泉施設周辺には、大野川の桜並木やシダレザクラで有名な「法亀寺」、スイレンの花が咲く「八郎沼公園」、もう少し足をのばすと津軽海峡や函館山、大沼や駒ヶ岳などの絶景を一望できる「きじひき高原パノラマ展望台」があります。温泉の前に訪れてみてはいかがでしょうか。

※記者TT 浴場内画像提供/北斗市役所総合分庁舎市民窓口課 2012/12/11取材、12/26公開 2020/9 更新


泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(中性低張性高温泉)

泉温:源泉73.5℃

露天風呂:有

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、関節こわばり、くじき、慢性消化器病、疲労回復、痔症、冷え性、病後回復期、健康増進、切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
北斗市健康センター せせらぎ温泉
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道北斗市本町4丁目3-20  Googleマップで開く
電話番号 0138-77-7070
営業時間 温泉9:00~22:00、食事処11:00~LO20:20
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は営業)
料金 大人350円、中高生300円、小学生140円、幼児70円
アクセス 「総合分庁舎前」バス停 下車 徒歩5分
駐車場 無料駐車場あり(137台)
関連リンク 北斗市健康センター せせらぎ温泉(北斗市)
源泉かけ流し、眺望がいい、自然が豊か、露天風呂、朝風呂(10時前)、サウナ、飲食施設、休憩所、大人450円以下、有料手ぶらアイテム


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中