トップに戻る

スポット情報 温泉 「日帰り入浴(宿泊施設)」

大黒屋旅館

だいこくやりょかん


大正7年創業の、日本建築の伝統を受け継ぐ歴史深い和風旅館。朝6時から深夜0時まで日帰り入浴OKで、タオルのレンタルも可能。お得な食事付きのプランもあり。

湯の川温泉のなかでも歴史の深い、大正7年創業の老舗・大黒屋旅館。日本建築の伝統を受け継ぎ、あたたかな木肌の香りで包まれる和風の室内空間は、旅の疲れを癒しながら安らぎの一時を過ごさせてくれます。「昔の温泉宿」の雰囲気を大切にしているそうで、旧き佳き時代にタイムスリップしたような気分も味わえるのが特徴です。
 
64.1℃という少し熱めの源泉を濾過器にかけ、不純物を取り除いて湯船に注ぐナトリウム-塩化物温泉は、函館市内を観て歩いた筋肉痛をほぐしたり、疲労を回復させるのにぴったり。さらりとした柔らかな質感のお湯は、旅行客にも地元の人にも人気が高く、なかには週に何度か足を運ぶかたもいらっしゃるそうです。
 
日帰り入浴は朝6時から深夜0時までOK。早朝からオープンしているので朝風呂はもちろん、観光途中に立ち寄ったり、食事などの後の遅い時間でも日帰り入浴が可能です。浴室内にはボディソープとリンスインシャンプーが備え付けられており、バスタオルとフェイスタオルはそれぞれ50円でレンタル可能なので、手ぶらで温泉を楽しむことができます。
 
施設内にはレストランも併設されていて、飲食しながらの休憩も可能(レストランの営業は12:00~13:30と17:30~20:30)。特にランチタイムは、旅館自慢の会席料理や、イカ刺し定食をはじめとした各種メニューが用意されています。また、日帰り入浴と会席料理がセットになったコース(2500円+税)や、予算に合わせたコースにも対応してくれます。

※記者Q 2019/1/30取材、2/11公開 2019/6 更新


泉質:ナトリウム-塩化物温泉(中性等張性高温泉)

泉温:42~43℃(源泉64.1℃)

露天風呂:無

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど


大黒屋旅館
エリア 湯の川エリア エリア区分について
所在地 函館市湯川町3丁目25-10  Googleマップで開く
電話番号 0138-59-2743
営業時間 日帰り入浴 6:00~24:00
定休日 無休
料金 大人500円、小人(4歳~小学生)250円、4歳未満無料
アクセス 市電 「湯の川」電停 下車 徒歩5分
駐車場 無料駐車場あり(20台)
関連リンク 大黒屋旅館
Twitter 函館大黒屋旅館
源泉かけ流し、朝風呂(10時前)、飲食施設、休憩所、無料シャンプー・ソープ、有料手ぶらアイテム、市電から徒歩5分以内、Wi-Fi(フリースポット)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
竹葉
はこだて亭
函館タナベ食品
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
広告募集中