トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「市場」

函館朝市ひろば

はこだてあさいちひろば


函館朝市で親しまれてきた「渡島ドーム」が、その名も「函館朝市ひろば」となって2014年4月にリニューアルオープン。建物は新しくなっても、人情あふれる雰囲気は健在。

かまぼこ型の屋根で親しまれてきた函館朝市の中核施設「渡島ドーム」が、2014年4月にリニューアル。その名も「函館朝市ひろば」に改められて、新たなスタートをきりました。
 
渡島ドームといえば、リンゴ箱をひっくり返した売り台に野菜や昆布などを並べた、朝市の原点ともいえる風景が印象的でしたが、「函館朝市ひろば」の産直市コーナーにその精神は受け継がれています。売り台はすっかりきれいになった一方で、その日に採れた新鮮な野菜や自家製の昆布加工品などを生産者自らが販売する光景は、昔と同じ。「どこで採れたの?」「おいしい食べ方を教えて」という質問にも、気さくに答えてくれます。
 
海産物、野菜、果物、土産品などを売る店は、「物産街」と呼ばれるゾーンに集結。建物はピカピカでも、各店舗を仕切るように立ち並んでいる木の柱が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。一見するとどの店も同じものを売っているように感じてしまうかもしれませんが、よくよく話を聞いてみると、その店ならではのおすすめ商品が見つかるはず。説明を聞くだけでも決して怒られたりしませんので、何か気になることがあったら思いきって尋ねてみましょう。きっとお得な買い物ができるはずです。
 
広い休憩スペースを併設する「フードコート」には、飲食店8店が並びます。中でも、オーガニックコーヒーや地場産果物のフレッシュジュースが味わえる「agristand(アグリスタンド)」は、旅行中のビタミン不足を気にする女性客にも大人気。ジュースにする果物は季節で入れ替わり、その時々で違う味が楽しめるそうです。豚骨と野菜でスープを取っているという「すずや食堂」のラーメンや、津軽海峡産のマグロやイカ刺しが手軽な値段で楽しめる海鮮丼の店も見逃せません。
 
通常は立ち入りできませんが、2階にはイベントスペースも。さまざまなイベントなどに活用されているとの事で、更なる期待が高まります。

一部店舗では、クレジットカードの利用が可能です。また、免税対応の店舗もあります。詳細は各店舗に確認を。

※記者K 2014/6/4取材、6/16公開 2018/7 更新


函館朝市ひろば
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市若松町9-22  Googleマップで開く
電話番号 0138-21-1050
営業時間 5:00ごろ~夕方、店舗によって異なる
定休日 年中無休(店舗・エリアによって異なる)
アクセス JR 函館駅 下車 徒歩3分
駐車場 あり(1時間250円。連合会推奨店の2100円以上利用で1時間サービス)
関連リンク 函館朝市
朝10時前から営業、市電電停から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、おむつ替えスペース、地元のみやげが買える、免税対応、Wi‐Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、Wi‐Fi(その他)、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


はこだて亭
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タナベ食品
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
広告募集中