トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「道の駅・直売所」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

道の駅 みそぎの郷 きこない

みちのえき みそぎのさと きこない


北海道新幹線の駅がある木古内町に2016年開館した道の駅。観光コンシェルジュが常駐し、地域の旬の情報が得られる。おみやげ・特産品売場、レストランなどもある。

「道の駅 みそぎの郷 きこない」は、函館から南西に車で約1時間、北海道新幹線の駅がある木古内町に2016年1月に開館しました。JR駅の目の前なので、車で訪れるほか、列車やバスの乗り換え時に立ち寄り、買い物をしたり、ゆっくりくつろぐにも最適です。
 
メインエントランス前には、木古内町のご当地キャラクター「キーコ」がお出迎えしています。じつはこちらは郵便ポストで、口のところが投函口になっているので、旅の便りを送るのもいいでしょう。建物には地元の道南杉がふんだんに使われており、木のぬくもりが随所で感じられます。また、毎年1月に開催される伝統神事「寒中みそぎ祭り」に関する展示コーナーや、寒中みそぎの舞台、佐女川神社の主祭神である玉依姫命(たまよりひめのみこと)が身にまとう羽衣が、輝く水しぶきを浴びてたなびく様を表した「寒中みそぎオブジェ」があり、祭りの魅力に触れることができます。

観光案内コーナーには、木古内町をはじめ、日本最北の天守閣がある松前町や、いにしえ街道が有名な江差町など、みなみ北海道西部9町の旬でディープな観光情報に精通する観光コンシェルジュが常駐し、気軽に旅の相談に応じてくれます。レンタカーカウンターも併設されているので、その場でレンタカーを借りて周辺の町を訪れる.....などといった旅も楽しめます。
 
おみやげ・特産品売場では、地域の特産品や産直品をはじめ、北海道や青函エリアの有名銘菓なども取り扱っています。テイクアウトコーナーでは、みそぎ祭りが行われる津軽海峡からくみ上げた海水をじっくり炊いてつくられた「みそぎの塩」を使ったクリームがかかる「みそぎの塩ソフトクリーム(コーン、カップとも 税込300円)」や、町の特産の赤毛和牛を使った「はこだて和牛コロッケ(1個 税込280円)」などがテイクアウトできます。また、休憩スペースでラーメンやカレーなどの軽食をとることもできます。
 
館内には、世界の料理人1000人に選ばれた、山形県鶴岡市「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ奥田政行氏が監修したレストラン「どうなんde's」や、「みそぎの塩」を使った塩パンが人気のパン屋「コッペん道土」があります。

※記者TT 2016/1/29取材、2/12公開 2019/10 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
道の駅 みそぎの郷 きこない
エリア みなみ北海道エリア エリア区分について
所在地 北海道上磯郡木古内町字本町338-14  Googleマップで開く
電話番号 道の駅01392-2-3161、レストラン・パン屋01392-6-7210
営業時間 道の駅9:00~18:00(7月25日~8月18日は8:30~18:30まで) ※一部トイレは24時間使用可能
定休日 年末年始(レストラン・パン屋は不定休)
アクセス JR 「木古内」駅 下車 徒歩2分
駐車場 無料駐車場あり(普通車143台)
関連リンク 道の駅 みそぎの郷 きこない
関連リンク 道の駅 みそぎの郷 きこない(北の道の駅)
Facebook 道の駅 みそぎの郷 きこない
朝10時前から営業、無料駐車場、車イス対応トイレ、おむつ替えスペース、地元のみやげが買える、無料Wi-Fi、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、Wi‐Fi(その他)、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)、モバイル決済(AliPay)、モバイル決済(WeChat Pay)


いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
竹葉
函館山ロープウェイ
函館タクシー
金森赤レンガ倉庫
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
広告募集中