トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「みやげ店」

南かやべ漁協 直販加工センター

みなみかやべぎょきょう ちょくはんかこうセンター


函館市南茅部地区の特産、昆布を中心とした地場産品の販売やPRを行う漁協直売店舗。各種加工品、お菓子から贈答用まで、地元で生産された様々な昆布製品を購入できる。

函館市街から車で約1時間、川汲(かっくみ)山道と国道278号が交わる手前に位置する南かやべ漁協直販加工センターは、特産の昆布を中心に、地場産品の販売・PRを目的に漁協直営で運営されている直売所です。
 
高級な天然真昆布はもちろん、だし昆布や早煮芽昆布、削って食べやすく加工したとろろ昆布やおぼろ昆布、角切りにした昆布がそのまま入った真昆布だし調味料や昆布茶、そのまま食べられるおやつ昆布や真昆布クッキー、天然素材にこだわって1個1個手作りした洗顔用の昆布石けんといったユニークな商品まで、地元産の昆布をベースにしたみやげ品が多種多様に取りそろえられています。店内のスタッフは全員が昆布のプロ。質のよい昆布の選び方や便利な使い方、美味しく食べられる調理メニューもレクチャーしてくれます。
 
函館市の南茅部(みなみかやべ)地区は、国内昆布生産量の15%を占める日本一の昆布産地です。ここで採れる真昆布は身が厚く、その切り口が白く見えることから、北前船の時代から「白口浜こんぶ」と呼ばれ、上ものとして他産地昆布と区別されてきました。江戸時代に松前藩が朝廷や将軍家に上納していたことから「献上昆布」とも呼ばれ、江戸幕府からは「天下昆布」や「昆布の絶品」と賞賛されました。そのまま食べても甘みがある真昆布は、お菓子としても珍重されていたようです。現在販売されている「献上昆布」は、貴重な天然真昆布のなかでも、さらに限られた品質のものだけを使用した逸品です。

※記者Q 2018/11/15取材、12/17公開 


南かやべ漁協 直販加工センター
エリア 戸井、恵山、南茅部、椴法華エリア エリア区分について
所在地 函館市川汲町1546番地12  Googleマップで開く
電話番号 0138-25-5574
営業時間 9:00~17:00
定休日 第2日曜日
アクセス JR函館駅から車で約1時間 
駐車場 無料駐車場あり(約20台)
関連リンク 南かやべ漁協 直販加工センター
関連リンク 南かやべ漁業協同組合
ブログ 南かやべ漁協 直販加工センター スタッフブログ
朝10時前から営業、無料駐車場、地元のみやげが買える

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品