トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

伊能忠敬記念碑

いのうただたかきねんひ


最初の本格的日本全図の制作者、伊能忠敬は、1800(寛政12)年、蝦夷地の実測を現在の函館山を基点として行った。それを記念して1957(昭和32)年、山頂に設置された。

伊能忠敬は、隠居後の50歳から天文・暦学を学び始め、17年をかけて日本全土を実地測量して、本格的な日本全図を作るという偉業を成し遂げました。

1800(寛政12)年4月19日、56歳のときに最初の測量地に決めた箱館(現在の函館)に入り、箱館山に測量基点を置いて、蝦夷地南東沿岸の実測を開始。細かく正確な地図が完成し、後の「日本全図」完成へとつながっていきます。測量の方法は、日本中を歩いて回り、歩幅と歩数から距離を計算するという、大変根気のいるものでした。

測量の最初の起点として選ばれた函館山に、「伊能忠敬 北海道最初の測量地」と記された記念碑が設置されています。

関連リンク
 函館山へのアクセス、早わかりガイド

※編集室D 2010/4/1公開 2019/9 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
伊能忠敬記念碑
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市函館山  Googleマップで開く
問合せ先 函館市観光案内所
電話番号 0138-23-5440  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 函館山ロープウェイ利用のほか、複数のアクセス法あり 詳細は「函館山へのアクセス、早わかりガイド」参照 
駐車場 無料駐車場あり(函館山ロープウェイ山麓駐車場120台)
備考 車利用の場合は、山頂駐車場(39台)から徒歩すぐ、つつじ山駐車場(44台)から徒歩7分。交通規制については「函館山へのアクセス、早わかりガイド」を参照
眺望がいい、歴史好きに、無料駐車場


いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
竹葉
函館山ロープウェイ
函館タクシー
金森赤レンガ倉庫
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
広告募集中