トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「博物館(市外)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

幕末の軍艦 開陽丸記念館

ばくまつのぐんかん かいようまるきねんかん


1868年(明治元年)に江差沖で座礁沈没した、旧幕府軍の開陽丸を原寸大で復元。榎本武揚など乗組員の様子、貴重資料、遺物など約3000点を展示。音による大砲発射体験、操船体験も。

函館から車で2時間ほどの江差町に、激動の幕末に存在した軍艦・開陽丸の復元記念館があります。

開陽丸は、1863年から約3年かけてオランダで造られ、1867年3月に日本に到着しました。それから徳川幕府の旗艦として働くのですが、幕府が力を失った後、徳川の家臣たちは開陽丸を奪って北海道へ逃亡します。1868(明治元)年11月、榎本武揚は開陽丸で箱館に入港して五稜郭に入り、 松前から江差へ進軍する陸兵を援護するために、開陽丸は江差沖に到着しますが、15日夜半に暴風雪のため座礁、約10日後に沈没しました。

沈没から100年以上たって、1975(昭和50)年から始まった海底遺跡の発掘調査により、海底からさまざまな遺物が引き揚げられました。開陽丸記念館では、遺物約33000点のうち、約3000点を展示。大砲や拳銃、医療品、食器、間違えられた葵の紋など、興味深い遺物がたくさんあります。

また、音による大砲発射体験、ゲーム感覚の操船シミュレーションや砲弾の重量当て体験コーナーも人気。ハンモック体験では、実際に寝てみて当時の船員の船内生活が体験できます(※2020年9月現在、休止中)。


※hakobura 2009/4/1公開 2021/5 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
幕末の軍艦 開陽丸記念館
エリア みなみ北海道エリア エリア区分について
所在地 北海道檜山郡江差町字姥神町1-10  Googleマップで開く
電話番号 0139-52-5522
開館時間 9:00~17:00(発券は16:30まで)
休館日 月・祝翌日(11~3月)、12月31日~1月5日
料金 大人500円、小中高生250円(15名以上の団体1割引)
アクセス JR函館駅から車で約2時間 
駐車場 無料駐車場あり(140台)
備考 JR新函館北斗駅から車で約1時間10分
関連リンク 開陽丸記念館
眺望がいい、歴史好きに、お子様歓迎、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、無料Wi-Fi、英語看板


金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
広告募集中