トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「博物館(市内)」

函館市北洋資料館

はこだてしほくようしりょうかん


江戸時代以降の箱館~樺太間の漁業についての歴史・資料が展示され、北洋航海体験室では荒れ狂う波間を行く漁船を体験することが出来る。

函館が港町としての地位を確固たるものにしたのは、千島列島海域やオホーツク海などを漁場とする北洋漁業の出港基地となっていたことに起因します。
 
1982(昭和57)年に開館した函館市北洋資料館には、港の繁栄に多大なる貢献をしてきた北洋漁業を知る上で貴重な資料約400点が展示されています。
 
常設展示は大きく3つのテーマに分かれています。「むかしの北方漁業」では、縄文時代から明治時代にかけての漁業の歴史をパネルなどで紹介し、「北洋漁業の歩み」では、網や漁船の模型などを展示。「200海里時代とこれからの北洋漁業」では、50枚のスライドと音声で歴史を振り返りながら今後の漁業における課題などについて解説していきます。
 
体験コーナーとして備えてある、独航船の操舵室を再現したシミュレーターでは、荒波を越える前後の揺れ、海のスクリーン映像とともに北洋での航海を身をもって体感できます。館内を親切丁寧に案内してくれるボランティア団体「つくしの会」は、「今日に至る近代漁業の礎となった北洋漁業の歴史を多くの人に知ってほしい」と話していました。
 
※なお、ボランティア団体「つくしの会」による案内は4月~10月の期間に実施しています(11月~3月はお休み)
 
関連記事

※hakobura 2010/4/1公開 2018/6 更新


函館市北洋資料館
エリア 五稜郭エリア
所在地 函館市五稜郭町37-8
電話番号 0138-55-3455
開館時間 9:00~19:00(4~10月) 9:00~17:00(11~3月)
休館日 12月31日~1月3日、器材点検日、随時
料金 一般100円 学生・生徒・児童50円(団体割引あり)
アクセス 市電 「五稜郭公園前」電停 下車 徒歩10分
駐車場 あり(函館市芸術ホール駐車場229台。施設利用者2時間まで無料、以降30分ごとに100円 )
関連リンク 函館市北洋資料館(函館市文化・スポーツ振興財団)
Googleマップで開く
歴史好きに、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース


国際ホテル
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
万惣
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
株式会社前側建設
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
広告募集中