トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

弁天台場跡

べんてんだいばあと


箱館港の防衛拠点として1863(文久3)年に完成した不等辺六角形の砲台。箱館戦争時、旧幕府軍が陣取ったが、1869(明治2)年5月15日に降伏。後の港湾改良工事で解体。

江戸幕府が、箱館湾口の防備のために、1856(安政3)年から約8年をかけて築造した不等辺六角形の軍事要塞が弁天台場です。設計は、日本初の西洋式城郭となった五稜郭と同じ、蘭学者の武田斐三郎。五稜郭に先駆けて着工し、五稜郭の前年の1863(文久3)年に完成しました。周囲約684メートル、面積約32340平方メートルで、五稜郭の1/6ほどの大きさでしたが、高さ約11メートルの石垣を備えた土塁で囲まれ、東南端にはトンネル式通路のアーチ型入口を構えていました。下田沖で遭難したロシアの軍艦ディアナ号の大砲が江戸幕府に献上され、その一部が配備されたといわれています。

箱館戦争時、新選組が中心となった旧幕府軍が陣取っていましたが、新政府軍の攻撃を受けて1869(明治2)年5月15日に降伏。弁天台場は箱館戦争の舞台のひとつとして、記憶されています。

箱館戦争の後、台場は弁天砲台として陸軍省の管理となりましたが、その後は1896(明治29)年の港湾改良工事で解体され、石材の一部は函館漁港の石積防波堤に転用され、現在も残っています。跡地は現在、函館どつくの敷地となっていて、市電「函館どつく前」電停近くの職員用駐輪場の奥に、跡を示す碑が建てられています。なお、「弁天岬台場跡」の説明版と新選組最後の地碑は、市電「函館どつく前」電停近くの児童公園にありますが、実際の場所はこちらになります。

古写真:函館市中央図書館所蔵

※hakobura 2009/4/1公開 2019/9 更新


弁天台場跡
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市弁天町20  Googleマップで開く
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「函館どつく前」電停 下車 徒歩2分
歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


JTB
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
はこだて亭
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
竹葉
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
ホテルショコラ
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
函館タクシー
広告募集中