トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(外観は見学可)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

旧小林写真館

きゅうこばやししゃしんかん


明治末期に建てられ、写真館として使用されていた建築物で北海道内最古といわれている。1988(昭和63)年に創建当時の外観を復元して改装、写真館として2009(平成21)年7月から2020(令和2)年5月まで営業。

電車通りから東坂を進むと間もなく、左手に美しい色づかいの建物が現れます。木造2階建て、洋風建築のたたずまい。写真館として使用されていた建築物で、北海道内最古のものといわれています。創建当時の函館のハイカラな雰囲気をしのばせる建物です。
 
写真館は、神戸から函館に渡ってきた写真家・小林健蔵が1902(明治35)年に開業しました。1906(明治40)年8月の大火で建物は焼失したものの、当時は写真館の書き入れ時が正月ということもあり、この年の末には再建されたそうです。2階には約50平方メートルの写場(スタジオ)を有し、天井と壁の一部には撮影時に自然光を取り入れる採光窓が設けられており、1962(昭和37)年まで営業していました。
 
1988(昭和63)年に開業当時の写真を基に改築。2009(平成21)年7月から2020(令和2)年5月まで、市内の谷杉写真館が運営する写真館として活用されていました。縦長窓や胴蛇腹(1、2階の境界部)、ペディメント(切り妻壁)にあしらった「懸魚風妻飾り」などは、ほぼ原形のまま残されています。市景観形成指定建築物。
 
今後は、ワーケーション(テレワーク)の拠点となる貸しスペースとして活用予定です。
(写真は2019年の写真館時代のもの。現在は外観が変わっています)

※hakobura、編集室 2010/9/1公開 2021/7 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
旧小林写真館
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市大町2-9  Googleマップで開く
問合せ先 函館市観光案内所
電話番号 0138-23-5440  ※カーナビ検索には使えません
営業時間 外観のみ見学可
アクセス 市電 「大町」電停 下車 徒歩3分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
明治・大正の建物、指定文化財等、歴史好きに、市電から徒歩5分以内


グルメ回転ずし 函太郎
Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タクシー
国際ホテル
竹葉
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
広告募集中