トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市外)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

榎本軍鷲ノ木上陸地跡

えのもとぐんわしのきじょうりくちあと


森町鷲ノ木の駒ケ岳を望む海岸に建つ木柱は、1868(明治元)年10月、榎本武揚率いる旧幕府脱走軍2500~3000名が上陸した地点。ここを拠点に箱館への進軍を開始した。

国道5号から1本海側の道に下りると、駒ヶ岳と噴火湾を眺望できる場所に辿り着きます。1868(明治元)年10月20日、徳川家臣の榎本武揚が軍艦8隻、2500~3000人の兵を率いて上陸。22日に先発隊が官軍の攻撃を受けて応戦したため、土方歳三と大島圭介の2隊に分かれて一路、箱館を目指しました。ここから箱館戦争が始まった、歴史上の要所です。
 
開戦とともに、このあたりは榎本軍の後方陣地となりました。史跡公園内には、旧幕軍の上陸記念碑や慰霊碑があります。

※hakobura 2009/4/1公開 2021/5 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
榎本軍鷲ノ木上陸地跡
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道茅部郡森町鷲ノ木町  Googleマップで開く
問合せ先 森町社会教育課
電話番号 01374-2-2186  ※カーナビ検索には使えません
アクセス JR森駅から車で10分 
駐車場 なし
関連リンク 榎本軍鷲ノ木上陸跡地(森町)
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに


金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
広告募集中