トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市外)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

赤松街道

あかまつかいどう


函館から大沼に向かう国道5号(札幌本道)沿いに明治初期に植えられた赤松並木。約1400本の立派な赤松が目をひく。日本の道百選、歴史国道、土木遺産に選定。

江戸末期の1858(安政5)年に、当時の箱館奉行組頭、栗本瀬兵衛が佐渡から赤松の種子を取り寄せ、大きくなった苗は五稜郭周辺に植樹されました。その後、1872(明治9)年に明治天皇の七重勧業課試験場への行幸を記念して、相当数が札幌本道(国道5号)沿いに移植されました。これが赤松街道の始まりです。

函館から車で国道5号を大沼方面に向かうとき、七飯町の大中山から鳴川町までの約2キロにわたって、道の両側に植えられている見事な赤松並木に気づくことでしょう。日本の道百選、歴史国道、土木遺産に選定されています。


※編集室D 2009/2/28公開 2022/7 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
赤松街道
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 亀田郡七飯町  Googleマップで開く
問合せ先 七飯町役場 経済部商工観光課
電話番号 0138-65-2517  ※カーナビ検索には使えません
アクセス JR函館駅から車で約30分 
関連リンク 赤松街道
眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに


いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
ROCKET CURRY ロケットカレー
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中