トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市外)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

薬師山

やくしやま


函館の近郊、木古内町にある芝桜の名所。山頂には薬師堂が建ち、薬師如来像が祀られている。毎年5月になると山の中腹を芝桜が覆い、多くの人々を魅了している。

薬師山は、函館の中心市街地から車で約1時間の木古内町にあり、標高72メートルと登りやすく親しみやすい山です。毎年5月になると山の中腹には芝桜が咲き誇り、多くの人々を魅了します。山頂からは街の中心部や津軽海峡を一望でき、天気のいい日には青森県の下北半島が見られることもあります。また、明治時代初めの箱館戦争の折には、隊長の大鳥圭介がこの山頂で指揮を執ったともいわれています。

山頂には名前の由来となっている薬師堂が建ち、数々の言い伝えがある薬師如来像が祀られています。1841(天保12)年頃、村に住んでいた眼の見えない老人が友人と大平の湯の沢の山奥に分け入り、清水の湧いているところを見つけ、眼を洗い続けたところ元のように回復したことから、病気で苦しむ村人たちのために、薬師如来石像を造ってお祀りしたことが起源とされています。

薬師堂のそばには「薬師山の三本杉」があります。じつはオンコ(イチイ)の木ですが、根から3本の幹が出ているように見えます。これは、不幸な死を遂げた夫婦と子供の3人を供養するために植樹したところ、3本の木の根が一つに結びついたことから、薬師山の三本杉と呼ばれるようになったとのこと。山頂から麓にかけては、1934(昭和9)年、本州の霊場に行けない人たちのためにと、願應寺の和尚の発願によって建立された三十三観音があります。

薬師山登山ルートは木段が整備されており、登山靴は不要ですが、少々急なので、歩きやすい靴でお出かけください。車で出かける場合には、木古内町中央公民館裏の駐車場に停めると、近隣の野球場脇に散策路があります。


※記者TT 2015/4/18・5/2再取材、5/4公開 2021/5 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
薬師山
エリア みなみ北海道エリア エリア区分について
所在地 北海道上磯郡木古内町木古内  Googleマップで開く
問合せ先 木古内町観光協会
電話番号 01392-6-7357  ※カーナビ検索には使えません
アクセス JR 「木古内駅」 下車 徒歩20分
駐車場 無料駐車場あり(ふるさとの森公園駐車場 100台)
関連リンク 木古内町観光協会HP
眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、お子様歓迎、無料駐車場


グルメ回転ずし 函太郎
Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タクシー
国際ホテル
竹葉
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
ROCKET CURRY ロケットカレー
広告募集中