トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

明治天皇御上陸記念碑

めいじてんのうごじょうりくきねんひ


1876(明治9)年7月の明治天皇の函館上陸を記念し、1935(昭和10)年に建てられた碑。通算3度足跡が残されたことから、三蹤碑(さんしょうひ)という別名もある。

市電の末広町と大町電停の間、車窓からも見ることのできる「明治天皇御上陸記念碑」。1876(明治9)年7月、明治天皇が巡幸の折に旧函館税関(現在の海上自衛隊函館基地隊本部)の桟橋から上陸したのを記念して、1935(昭和10)年に建てられたものです。この巡幸では、当時の函館区内のほか桔梗、七飯を回った後、再びこの桟橋からお召船に乗船し、7月20日に無事横浜に到着したことから、7月20日は「海の記念日(1996年からは国民の祝日・海の日)」とされています。

台座となる塔の部分と地球儀は花崗岩製。その上に乗る羽を広げた青銅製の鳳凰は、宝来町にある高田屋嘉兵衛銅像の作者としても知られる函館出身の彫刻家・梁川剛一氏が手がけたもので、まるで生きているかのような躍動感と存在感があります。

碑の裏面には、明治天皇が蝦夷開拓督務である鍋島直正へ与えた建設趣意書のレリーフが貼られており、碑の中には寄付者名簿なども納められているそうです。この記念碑は、明治9年の巡幸の折の下船・乗船と、明治14年の巡幸で小樽から陸路函館に到着し、ここからお召船に乗船して青森へ向かったゆかりの地ということで、三蹤碑(さんしょうひ)とも呼ばれます。


※記者X 2012/8/22取材、8/24公開 2019/9 更新


明治天皇御上陸記念碑
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市大町9番  Googleマップで開く
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩2分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中